注目記事
wakiasenioi

ワキガ

脇汗の臭いがみるみる消える!簡単で最も効果的な2つの対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

脇からツーンと臭ってくる脇汗の臭い。他人にも不快な思いをさせていないだろうか?また「クサい」と思われていないか心配ですね。脇は汗を多く分泌し、いつも腕と胴体に挟まれ密閉状態のため多くの臭いが発生しやすい部位です。

このため脇汗というと脇の下(地肌)がクサいというイメージですが、実はそうではないのです。最もニオイを蓄積し他人の鼻まで臭いを拡散している原因は以外と知られていないのです。ここにシンプルで効果の高い脇汗の臭い対策方法が隠れています。

これから、脇汗が臭くなる理由そして、脇汗の臭いが拡散され他人に伝わってしまう仕組み知って頂くことで簡単で効果的な脇汗の臭い対策方法をご紹介します。

読み終えて頂ければ驚く程、効果が実感できる脇汗対策を行うことが出来るようになります。ぜひ不快な臭いなどしない清潔感あふれるご自身の演出にお役立て頂ければ幸いです。

1.脇汗の基礎知識

具体的な脇汗の臭い対策の前に、知っておいて頂きたい脇汗の基礎知識のお話をさせて頂きます。脇汗の臭いが発生する仕組みや、発生した脇汗の臭いが他人に伝わってしまう理由、そして脇汗とワキガとの関係などを知っておくことで効果的な脇汗の臭い対策に役立つからです。まずは脇汗が臭くなりやすい理由から確認しましょう。

1-1.脇汗が臭くなりやすい理由

身体から出た直後の汗は無臭です。脇汗も無臭です。サウナの中が臭くないのも汗が無臭のためです。しかし身体から出た汗は皮膚表面に常駐する常在菌のエサとなります。そして菌は汗をエサに繁殖する際の老廃物として臭い物質を出すのです。これが汗が臭くなる仕組みであり、ほとんどの体臭発生の原理です。

汗が臭くなる仕組み

体臭とは、汗をエサに菌が繁殖する際の老廃物なのです。(加齢臭などの皮脂が酸化した臭いは除く)また足と脇と頭と股など部位によって発生する臭い特徴があるのは、汗の成分と菌の種類の組合せにより発生する臭いが異なるためです。

1-1-1.脇は汗腺が密集している部位

汗の出る穴を汗腺といい大きく2種類あります。エクリン腺とアポクリン腺です。エクリン腺は誰もが全身に分布し主に体温調整が主な役割で脇の下にも密集しています。脇の下の衣類に汗染みがつきやすいことからも脇は汗が多くでる部位であることは納得頂けると思います。

またアポクリン腺も脇の下に集中する汗腺ですが、その活動量に個人差が大きく、ほとんどアポクリン腺が活動していない人と活発に活動している人がいます。

このアポクリン腺の汗の成分を好むワキガ菌が繁殖するとワキガ臭発生の主原因となります。このためアポクリン腺が発達している人がワキガ体質です。脇汗の臭いとワキガの臭いについては後ほど詳しくお話します。ここでは脇の下は汗腺が密集し汗が出やすい部位 であることを知っておきましょう!

1-1-2.脇は身体の構造上、高温多湿

汗をエサに菌が繁殖する際に臭いが発生するため、菌が繁殖するほど臭いの量も多くなります。この菌の繁殖は高温多湿なほど促進されます。菌はジメジメで温かな場所を好みます。そこで問題となるのが脇の下という身体上の構造です。脇の下は胴体と腕に常に挟まれているため高温多湿になりやすいのです。

更にワキ毛があると更に高温多湿を促進されます。汗が多く分泌しいつも高温多湿で菌の繁殖を促される脇の下は多くの臭いが発生しやすい部位なのです。

1-2.脇汗の臭いが他人にまで拡散される理由

さて脇の下は大量の臭いが発生する部位であることはご理解頂いたと思いますが、この臭いが他人に伝わるのはどうしてでしょう?実は脇の下という地肌自体が臭くなるのは主原因ではないのです。

菌が大量繁殖し、その際発生した臭いが蓄積されている場所があるからです。その場所とは衣類です。臭いのは衣類なのです。 これは脇の下に限ったことではありません。

例えば足の臭い。足も脇の下と同様に汗腺が集中しているため臭くなりやすい部位です。しかし海水浴場やプールでは足はあまり臭くなりませんね。裸足では汗を吸いとる衣類(靴下)、菌の繁殖場となる衣類、臭いが蓄積される衣類がないため臭くなりにくいのです。話しを脇汗に戻しますと・・・

衣類が臭いを拡散

◆脇汗を吸いとるのは衣類です。
◆吸い取った汗をエサに菌が繁殖する場も衣類です。
◆菌が放出する臭い物質が蓄積されるのも衣類です。

クサいのは脇の下ではなく、衣類なのです。 そして湿気の帯びた衣類の汗が蒸発する際、衣類に蓄積された臭い物質は拡散され他人の鼻まで浮遊すると「クサい」と感じられてしまうのです。このため効果的な衣類の臭い対策をすれば脇汗は劇的に抑えられます。詳細は後ほどお話しますがその前に、脇汗とワキガの関係を押さえておきましょう!

1-3.脇汗が臭いのはワキガとは限らない

脇汗臭とワキガ臭の違いとはなんでしょう?汗をエサに菌が繁殖し発生するという臭い発生の原理は全く同じです。ただアポクリン腺から出る汗とエクリン腺から出る汗の成分が異なり、それぞれの成分を好む菌の種類も異なり、結果として発生する臭い物質が異なるのです。人間にたとえれば、餃子を食べた際とお蕎麦を食べた際の便の臭いが異なるようなものです。

さて、これまでお話してきた通り、汗が大量に出る部位であり高温多湿の脇は臭くなるのは自然です。ワキガではないか?と心配する必要はありません。理由はワキガ臭対策も脇汗の臭い対策も衣類ケアという全く同じ簡単な方法で防ぐことが出来るからです。(どうしてもワキガか心配な場合はワキガチェックのページを参考にしてみて下さい。)

次はいよいよ脇汗の臭いがみるみる消える2つの対策のお話に入ってまいりましょう!

2.脇汗の臭いがみるみる消える2つの対策

ワキガ臭を含む、脇汗の臭い対策で最も効果を発揮するのは衣類対策です。なぜなら臭い物質を蓄積し他人に臭いを拡散しているのは衣類だからです。どんな制汗剤を使用しても脇汗を完全に抑えることはできません。衣類に汗が付着すれば衣類で臭いが発生、蓄積されるのです。それでは、この衣類の付着臭対策についてご紹介します。

2-1.脇汗の臭いの拡散元となる衣類の付着臭対策

2-1-1.劇的に脇汗の臭いが消えるのは着替えること

汗を吸い菌が繁殖し臭いが蓄積されている衣類。この衣類を着替えることは劇的な脇汗臭対策効果を発揮します。着替えれば再び衣類に汗が付着し菌が繁殖し一定量の臭い物質が衣類に蓄積されるまでの間は、ほぼ臭いがなくなるといっても過言ではありません。

着替えればどの位の時間、ほぼ無臭でいられるかは、汗の量や湿度、温度などの環境にもよりますが30分~1時間は脇汗の臭いが他人に伝わるのは防げるのではないでしょうか。しかし1時間おきに衣類を気軽のも難しいですね。そこでオススメの方法が経衣料消臭という方法です。

2-1-2.安全で劇的な効果を得られる経衣料消臭

経衣料消臭とは、衣類で体臭を消すという全く新しい消臭方法です。直接肌にアプローチしないため敏感肌の方でも安心です。そもそも他人に臭いを拡散しているのが衣類なのですから、臭わない衣類、脇汗などの体臭を消してくれる衣類であれば臭いのエチケットは安心です。

そんな衣類があるのかと思われるかも知れませんが、大きく2つの方法があります。ひとつは消臭繊維でつくられた消臭衣類を着用する方法と、お持ちの衣類を消臭加工する方法です。

ただし脇汗を原料に発生する臭い物質は、主にアンモニア、酢酸、イソ吉草酸などの臭い物質ですので、これらの臭い物質を消臭できるものでなければ「臭いがしない」いう実感は得られないので注意が必要です。これら脇汗の臭いを無臭化することが出来る消臭衣類と消臭加工スプレーを以下にご紹介致しますので参考にされてみて下さい。

急速イオン消臭スプレーヌーラ
ヌーラ
お持ちの衣類にヌーラをスプレーするだけで消臭衣類に加工できるスプレー。
脇汗の臭い成分であるアンモニア99.5%・酢酸97.7%・イソ吉草酸97.96%の消臭率。
脇汗はもちろん、消臭靴下や消臭シャツ、消臭スーツなどにすることも可能。

急速イオン消臭スプレーヌーラ:1,800円(税別)
いい快互服ドットコムで販売

 

デオル急速分解消臭シャツ
デオルシャツ
特殊な消臭繊維でつくられたデオル急速分解消臭シャツ
身体から発生する様々な体臭(アンモニア・酢酸・イソ吉草酸)を99%以上消臭。

デオル急速分解消臭シャツ
いい快互服ドットコムにて販売

 

2-2.脇汗を防ぐ清潔対策

脇汗の臭いの原料は、汗です。しかし発汗は体温調整などに必要で大切な現象です。ですので汗を止めようとするのではなく、出た汗を出来るだけ身体や衣類に残さないようにすることが大切です。また同時に効果の高い脇汗対策でもあるのです。そういう意味で汗対策を中心に、また菌の対策も含め具体的な脇汗臭対策方法をご紹介させて頂きます。

2-2-1.簡単で効果の高い対策は汗を拭くこと

身体から出たばかりの汗は無臭で水でサラサラしています。しかし時間が経過すると汗の中の水分が蒸発し成分が濃縮されベタベタしてきます。すると臭い菌のエサとなる成分が濃い分、臭いやすくなるため、汗は出た直後に拭くのがベストです。

また発生した汗は、どんどん衣類に吸いとられ臭いの原料が蓄積されていきます。しかしどうしても汗は発生しますし、特に脇は汗腺が多いのでなお更です。このため、あまり神経質になってもしかたありませんが、出来るだけこまめに脇汗を拭くことが大切で臭い対策としても効果の高い対策です。脇汗拭きのポイントは・・・

◆汗は出たらすぐ拭くのがベスト。(しかし現実はそうそう拭いてばかりいられないことが多いと思いますので・・・)

◆時間が経過して脇の下にベタツキがあれば濡れタオルやデオドラントシートで拭く

◆常に拭くのは無理でも、お昼休みなど一日数回脇の下を拭きあげるだけでも臭い減少効果が得られます。

2-2-2.朝晩の洗浄

一日で最も脇の下が臭くなるのは基本的には夜です。汗と菌と臭いが朝から長時間かけて蓄積されてきたからです。しかし後ほど詳しくお話しますがゴシゴシと洗いすぎるのは禁物です。まずは脇の下を温水でしっかり流し、泡立て網などで細かい泡にして素手でやさしく洗うのがポイントです。細かい泡ほど皮膚の凹凸まで入り込み汗と菌と臭い物質を洗浄してくれます。

また就寝中は想像以上に汗をかきますので朝もシャワーで脇の下を含め身体を洗い流してから出社しましょう。汗と菌と臭いが付着した状態で朝、出社すれば、当然、臭いが発生するまでの時間が短縮され臭いやすくなってしまうからです。時間がない場合はデオドラントシートか濡れタオルで脇の下を拭きとってから出社しましょう!

2-2-4.脇毛の処理

男性ですと脇毛を剃ることに抵抗があるかもしれませんが、脇毛は無い方が臭いは発生しにくくなります。理由は湿度と温度です。胴体と腕に挟まれいつも密着状態にある脇の下は、それでなくても高温多湿になりやすい構造です。そこに脇毛があればなお更高温多湿となり菌の繁殖を促進してしまいます。抵抗がなければ脇毛は剃った方が脇汗の臭い対策には有効です。

2-2-4.ミョウバンスプレー

汗は無臭ですが汗をエサに菌が繁殖するとき菌の老廃物として臭いが発生することは既にお話しましたが、この菌の繁殖を抑える効果が抗菌作用です。しかし皮膚表面の常在菌は実はバリアのように私たちの皮膚表面を覆い、悪い感染力のある菌から守ってくれている大切な仲間でもあるのです。

もちろん汗をエサに臭いを出すのも常在菌ですが、殺菌し過ぎてしまうと悪い菌が付着し、繁殖するなど逆効果になりかねません。このため抗菌する場合は安全性が最も求められるのです。

そういう意味で食品としても使用されているミョウバンスプレーは安全性が高く抗菌力があり、かつコストも非常にかからないのでオススメの対策です。朝シャワーを浴びた後、ミョウバンスプレーを脇の下や臭いが気になる部位にスプレーしてから出社すると効果的です。

具体的なミョウバンスプレーのつくり方をご紹介しますので参考にしてみて下さい。

ミョウバン水の作り方

3.やってはいけない脇汗の臭い対策

3-1.気にし過ぎ

脇汗の臭いを気にし過ぎすることの何がいけないのか?その理由は必要以上に脇汗に意識を集中すると、臭いも必要以上に感じるようになってしまう可能性があるからです。

これは嗅覚に限らず五感の全てに共通することですが意識を集中するほどその感覚は敏感になります。例えば満員電車で隣り合わせた人の服装を覚えていますか?ほとんどの場合、覚えていないと思います。意識していないものは目に入っていても見ていないのと同じです。

逆に意識を集中するものは想像を超えるほど鋭敏に感じとるようになります。職人技などもその例のひとつです。研磨職人さんが数千分の1ミリの物体表面の粗さなどを感じ取ったり、あるいは臭いでいえばソムリエは香りでワインの微妙な違いを嗅ぎ分けたりします。

前置きが長くなりましたが、脇汗の臭いを気にし過ぎる(=意識を集中する)ほど脇汗の臭いを感じるようになります。体臭外来クリニックを開業している五味クリニックの五味先生は、ワキガで相談にくる人の70%は無臭か全く手術をするほどの臭いがしない人だと話されていました。このことからも気にし過ぎることで臭いに敏感になってしまう傾向が伺えます。

気にし過ぎないためには、脇汗の臭いから意識を別のこと(仕事でも趣味でもなんでもOK)に向ける以外にありません。そのために適切で安心できる脇汗の臭い対策をし、脇汗の臭いから意識を解放してあげましょう。

3-2.洗い過ぎ

脇汗の臭いが気になって脇の下を洗い過ぎるのも逆効果です。皮膚表面は常在菌がバリアのように覆い、悪い感染力のある菌から私たちを守ってくれています。この常在菌バランスを崩すほど洗いすぎると悪い菌の繁殖を促しかえって悪臭の発生要因にもなりかねません。

またいくら洗浄しても汗はすぐに発生します。洗浄の目的は汚れを落とすこと。そして臭いという側面でいえば臭いの元となる汗、菌そして臭い自体を一旦クリアにすることで再び不快な臭いが発生するまでの時間を稼ぐことでしかないのです。

2-2-2.朝晩の洗浄でもお話しましたが、洗浄は細かい泡で素手でやさしく洗い流してあげることがポイントです。また体臭やワキ専用の高価な石鹸なども使用する必要はありません。石鹸に含まれるエキス等は洗い流した際、ほとんど一緒に流されてしまいますし、汗は常に発生するからです。大手の花王石鹸などで充分です。

3-3.デオドラント剤の使い過ぎ

デオドラント剤の目的は多くの場合2つ。制汗と抗菌です。臭いの元となる汗を止める制汗。臭いを作り出す菌を退治する抗菌。しかし発汗も常在菌もどちらも大切でなくてはならないものです。

発汗は体温調整に欠かせない大切な機能です。汗が出るのを止め過ぎると汗腺機能を低下させ汗をかく能力が低下することで成分の濃い汗が出てしまい返って臭くなりやすくなりかねません。

また常在菌は皮膚をバリアの様にして私たちの身体を悪い菌から守ってくれています。もちろん一定量を超えると常在菌は臭いを発生しますが、常在菌バランスを崩せば悪い菌が繁殖し返って臭いを強くすることにもなりかねません。

以上の理由からデオドラント剤、すなわち制汗剤と抗菌剤による脇汗の臭い対策をする場合は、結婚式やデート等、常用するのではなく、単時間限定で、いざという日に使用するようにするのがベストです。

4.まとめ

脇は臭くなりやすい部位。しかし他人に脇汗の臭いが伝わってしまう原因は衣類だというおとが最大のポイントです。過剰な広告により清潔や無臭ブームの時代ですが、少しずつクサいのは衣類であることに気が付きはじめている人が増えているようです。

衣類で臭いを消す(経衣料消臭)新時代のエチケット方法は、臭いがしないという体感度が高く、地肌にアプローチしないため安全なため今後ますます増えていくでしょう!ぜひ今日から衣類臭ケアを実施して脇汗の臭いも気にならない快適な時間をお過ごし下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ワキガ対策を諦めているあなたへ

以前からワキガ臭に悩み、デオドラント剤をいくつも試してきたけど、何を使ってもワキの臭いが気になってしまう。でも、手術するのはちょっと抵抗あるし…そんなお悩みを抱えてはいませんか?

でも、もう悩む必要はありません。

多くの方がワキガはワキの下(地肌)が臭っていると思われていますが、実際には、汗が衣類に付着することで、菌が発生し臭いが生じていることが多いのです。つまり、この衣類の菌の発生さえ防ぐことが出来れば、あなたはずっと臭いません。

この衣類対策を実現させたのが「抗菌消臭剤ヌーラビオ」です。使用したその日から「ニオイがしない」「ニオイが激減した」ことを実感できます。

ヌーラビオ・体臭治療の専門医もその効果を実証済み
・ワキガ菌・ニオイ菌を99.9%除去できる
・直接肌に抗菌クリームを塗らなくてもニオイ予防が実現できる
・約72時間、衣類のワキガ臭発生を防ぐ

消臭効果に満足が出来なければ、商品代金を全額返金してもらえる安心の保証付です。

あなたの臭いは必ず改善されます。他人との距離を気にすることなく、日常生活を送ってみませんか?


ニオイ対策をする

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

ワキガ菌を99.9%除去!安全で効果的なワキガ臭ケア