注目記事
アポクリン腺

ワキガ

アポクリン腺とワキガ臭対策と手術の前に知っておくべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

アポクリン腺とはワキガ臭の元となる汗が出る汗腺(汗が出る穴)。ワキガ臭で悩まれている方はこのアポクリン腺さえなければワキガ臭も抑えられるのに!と思われていませんか?もちろんその通りですが・・・

アポクリン腺はそのままでワキガ臭が他人に伝わるのを防ぐことができれば、悩みは大きく改善あるいは解決しませんか? アポクリン腺の削除手術はしないで済むためのポイントと基礎知識そしてシンプルで効果的かつ他人に不快感を与えないワキガ臭抑制方法をこれからご紹介します。

ぜひ参考にして頂きワキガ臭の悩みからご自身を解放してください。

1.アポクリン腺とは何か

人間の汗が出る穴を汗腺と言いますが大きく2種類の汗腺があります。エクリン腺は誰でも全身に分布し主に体温が上昇すると発汗し汗が蒸発することで体温を下げるなど体温調整が主な役割です。

一方アポクリン腺からの汗は個人差がありほとんど発汗しない人と活発に発汗する人がいます。アポクリン腺が発達している人がいわゆるワキガ臭といわれる独特の臭いが発生します。

ワキガ臭はフェロモン臭とも言われ特性の異性をひきつける香りでもありますが、無臭を好む日本ではネガティブなイメージが定着しています。またアポクリン腺の形状はいくらのように丸々としていて大きいため大汗腺などとも言われています。

1-2.アポクリン腺とワキガ臭の関係

アポクリン腺であろうとエクリンセンであろうと汗が出ると菌は汗を栄養に繁殖します。そして繁殖する際の老廃物として臭い物質を放出します。簡単に言うと菌は汗を食べて臭いを出すのです。

汗が臭くなる仕組み

では通常の人の体臭とアポクリン腺が発達している(ワキガ体質)人の体臭はどう違うか というと、誰もが発生する体臭にワキガ菌が出すスパイシー臭や硫黄臭さらに皮脂の酸化臭が加わり結果として生まれる複合臭が刺激的なワキガ臭になるのです。

ワキガ臭の実態

1-3.誰でもアポクリン腺があるのか

アポクリン腺は誰にでもあります。しかしアポクリン腺からの汗が原因であきらかに他の体臭と異なる独特の臭いが出ていると感じられる人、すなわちアポクリン腺が活発に活動している人は日本人では10%程度です。このアポクリン腺が発達している人がワキガ体質と言われます。

しかし欧米では80%、黒人はほぼ100%と世界的にみればほとんどがワキガ体質です

1-4.アポクリン腺は身体のどこにある?

アポクリン腺がある場所は、ワキの下、胸、陰部、耳の奥(外耳)などに分布しています。

アポクリン腺部位

ワキガ臭はフェロモン臭とも言われ本当的に特定の異性を引き付ける香りでもあります。このため性交渉の際、特に密接する部分に分布しているようです。中でも陰部周辺のアポクリン腺のワキガはスソワキガなどといわれています。

1-5.食生活(欧米化)とアポクリン腺の関係は?

食生活の欧米化によりワキガ体質の人が増えていると言われることがありますが、それは間違いです。その人がワキガ体質かどうかはアポクリン腺の数です。

このアポクリン腺の数は遺伝性であり生まれた時に決定されているため食生活の変化で新たにアポクリン腺が発生したり、アポクリン腺の数が増えることはないのです ただ食生活の欧米化でワキガ体質の人のワキガ臭が強くなっている可能性はあります。

2.アポクリン腺が発達しているかチェックしてみる

アポクリン腺が発達している人は日本人では10%前後というお話をしましたが、以下のチェックでほぼアポクリン腺が発達(ワキガ体質)している体質かどうかを確認することが可能です。

チェックして、もし自分がワキガ体質だったとしても心配しないでください。後でご紹介する対策方法でワキガ臭の拡散を抑制することが可能だからです。 まずは自身体質をチェックしてみましょう!

2-1.耳アカが湿っている

ワキガ体質の人の耳アカは湿っていて溶けたキャラメルのような耳アカをしています。耳の奥にはエクリン腺はなく、汗腺があるとすればアポクリン腺しかありません。このため耳アカが湿っているのはアポクリン腺の汗が原因なのです。

ただ風呂上りなど耳の中に水分が残っている状態が原因で耳垢が湿ることがありますので耳アカをチェックする際は入浴後は避けましょう、

2-2.両親あるいはどちらかがワキガ体質である

ワキガ体質は遺伝性です。両親共にワキガ体質の場合は80%、親のどちらかがワキガ体質の場合は50%程度遺伝すると言われています。

2-3.衣類が黄ばむ

制汗剤や汚れたシャツをすぐに洗わず時間経過すると衣類のワキ部が黄ばむことがありますが、このような場合を除き、いつも衣類が黄ばむ(ワキ部)糸はワキガ体質の可能性が高いと言えます。理由はアポクリン腺から出る汗の成分がワキガ菌におり分解される際、色素成分が含まれるためです。

2-4.ワキ毛が濃い

ワキガ体質(アポクリン腺が多い)の人に共通のワキ毛の特徴はワキ毛の量が多いという点。またワキ毛に白い粉のようなものがつくことがあればほぼワキガ体質です(男女共)。ワキ毛の特徴は女性であればワキ毛が太目で毛根が比較的大きいのが特徴です。男性のワキ毛の特徴はあまり太くなく猫の毛のようにやわらかく毛が多いのが特徴です。

2-5.ワキの汗が多い

ワキの下からの汗の量が多いのもワキガ体質の人の特徴です。単に汗かきの人もいるので一概には言えませんがワキガ体質の人はワキの下から多く汗が出る傾向にあるということです。

以上5つのチェックの該当数が多い人ほどワキガ体質の可能性が高くなります。たとえすべてのチェックが該当しワキガ体質だったとしてもあわてる必要はありません。他人にその臭いを気づかれないようにすれば臭いは出ていないのと同じ だからです。それではアポクリン腺から汗が出ても他人にワキガ臭を気づかれないための方法を次にご紹介します。

3.他人にワキガ臭を気付かれないための3つの対策

アポクリン腺対策、すなわちワキガ臭対策には様々な方法や対策グッズがありますが、ワキガ臭を抑制する基本は清潔と衣類臭対策 です。この2点の対策をしっかりすればワキガ臭で他人に不快感を与えることは激減します。そして3つ目が地肌には安価で安全性の高いミョウバンスプレーをしておくとベストです。

清潔が大切なことは直感的にご理解頂けるかと思いますが、なぜ衣類臭対策かというと・・・地肌にクリームや制汗剤を塗っても菌の繁殖や汗の発生を完全に抑えることは不可能だからです。 また汗は出るのは自然。菌も繁殖するのが自然なのです。

“ワキガ臭や体臭は衣類に蓄積され他人に伝わっている=クサいのは衣類なのです。”

  • ワキの下にどんなクリームを塗っても制汗剤を使用しても汗は出ます
  • アポクリン腺から汗がでれば衣類に吸い取られます
  • 衣類の中でワキガ菌が繁殖し同時にワキガ臭が発生蓄積されていきます。
  • 一定のワキガ臭が衣類に蓄積されるとエクリン腺の汗と共に蒸発する際、ワキガ臭が拡散され臭いを放ちます。

3-1.清潔とは洗浄とワキ汗をこまめに拭きとること

簡単で最も効果が大きいのが清潔。あまりにも当然のことですがとても大切なことです。清潔のポイントは2つ。1つ目のポイントは毎日きちんと洗浄することです。だからといって特別な石鹸など必要ありません。また洗い過ぎは肌荒れや肌表面の常在菌バランスを崩し臭い菌勢力が優勢になり、かえって臭いを強くする恐れもあるからです。

ワキの下の洗い方は、ごくごく普通の石鹸(花王石鹸など)を泡立て、手の平でワキの下を洗い、洗った後はしっかり流してあげるだけで十分です。

2点目のポイントは日中、ワキガ菌の栄養となるワキの下(アポクリン腺)の汗はできるだけこまめにふき取ることが大切です。3時間おきくらいにウェットティッシュなどで拭きあげると臭いの原料となるアポクリン腺の汗とワキガ菌と発生した臭いも一緒に除去され臭いが激減するので効果的です。

3時間おきが難しいようであれば日中1回でも拭き取れば効果的です。

3-2.ワキガ臭は衣類が原因?

ワキガ臭の原料となアポクリン腺の汗を吸い取るのは衣類です。また地肌にどんなアプローチ(抗菌・制汗など)を施しても衣類に汗が染みている以上、衣類の中でワキガ菌が繁殖しワキガ臭が蓄積され一定量をこえると同時にエクリン腺の汗などが蒸発する際にワキガ臭は拡散され他人まで飛んでいってしまいます。

臭いのは衣類が原因

ですので上半身の衣類を2~3時間おきに着替えればワキガ臭ケアは抜群の効果を発揮 するのです。

2~3時間というのは一度着替えた後、汗が発生し衣類に付着しかつ衣類にワキガ臭が2蓄積されていく時間の目安です。もちろん温度や湿度、汗の量といった状態によっても時間は異なりますが、新しい衣類を着替えた直後はワキガ臭が激減するのは臭いを蓄積していた衣類が新しくなるためです。

一日、3回くらい着替えるのが理想ですが、仕事など実生活の中で何度も上半身の衣類を着替えるのはなかなか困難な場合が多いと思います。そんな際に便利な衣類の臭いケアアイテムがあります。衣類の中でワキガ菌の繁殖を長時間抑制する抗菌消臭スプレーヌーラビオト体臭全般を無臭化してくれるヌーラです。地肌に直接スプレーするものと異なり、衣類用ですので安全です。

ヌーラビオ

殺菌してもワキガ菌はすぐにその場でまた繁殖するため焼石に水。しかしこのヌーラビオは菌自体が持つ忌避反応(菌が繁殖しないように信号を出す性質)を利用した抗菌剤のため衣類のワキ部にスプレーしておくことで長時間衣類の中でワキガ菌の繁殖を抑制することが可能

抗菌消臭スプレーヌーラビオ200ml 3,500円(税別)

 

ヌーラ

ワキガ臭は他の体臭との混合されると刺激的な臭いに変化します。ヌーラは様々な体臭を無臭化してくれる衣類の消臭加工スプレーです。ヌーラビオとの併用でより体臭やワキガ臭の発生をなくすことが可能です。

衣類の消臭加工スプレーヌーラ 210ml 1,800円(税別)

 

 

3-3.ワキの下は安全性が高く抗菌効果があるミョウバンを使用する

ワキガ対策用の地肌に塗るクリームやジェル、スプレーなどのほとんどは汗を抑える(制汗剤)か抗菌剤がほどんどです。「ワキガ対策」などのキーワードで検索すると多くの商品が紹介されています。

しかし汗完全に止めるのは不自然だと思いませんか?また地肌に自然に存在する常在菌を殺菌してしまうことは本当に効果的なのでしょうか?また高額なアイテムがとても多いのが目立ちます。

しかし地肌の抗菌作用は安価なミョウバンスプレーで十分効果が期待できます。ミョウバンの抗菌効果によりワキガ菌をはじめとする常在菌の繁殖を抑制してくれるからです。そして何よりも食品としても使用されているほど安全であることがお勧めする理由です。

もちろん前述した清潔と衣類臭対策を施さなければ焼け石に水であるのはいうまでもありませんが、ミョウバンスプレーをしておけばワキガ菌を含む臭い菌全般の繁殖を抑制してくれます。

ミョウバン水

4.アポクリン腺の除去手術をする前に知っておきたいこと

ワキガ臭の原料となるアポクリン腺は手術により除去することは可能です。しかし本当は手術する必要が無いのに手術してしまったり、手術したにも関わらずワキガ臭の悩みが解決しなかったりすることがある のも事実です。

そもそも世界的にみればほとんどの人種がワキガ体質です。欧米人は80%がワキガ体質ですので、どんなハリウッドスター達もほとんどがワキガ体質なのです。このため欧米ではワキガ臭で悩む人はほぼいません。一人ひとりの個性的な体臭があるのが当然なのです。

日本人のワキガ体質は10%程度と少ないため敬遠されがちですが常識的な範囲で清潔な生活をしている方であれば、ワキガ体質であってもほとんどの場合ワキガ手術はすべきでない と私たちは考えています。

それは体にメスを入れるという大きなリスクを伴うためです。ここでは、ワキガ手術をするべきか悩まれている方に不要な手術や後で後悔しないために知っておきたいことをお話しさせて頂きます。

4-1.気になる臭いは本当に臭っているのか?

ワキガ臭の強さは計測することができません。また医師によるワキガの診断も耳垢や遺伝性でアポクリン腺の発達具体を推定し同時に医師の嗅覚によるとことに依存します。簡単に言えばワキガの診断は非常にいい加減であるとも言えるのです。さらにそのワキガ臭は不快なのかどうかは、その臭いを嗅いだ人によっても異なるのです。

7割が気にしすぎるワキガ

20年以上、ワキガや体臭の治療を行っている五味クリニック院長、五味常明先生はある雑誌の取材で次のように話されています。「ワキガの悩みで受信する人の7割が気にしすぎで、手術を必要とするほど重度ではない軽~中度の人、もしくはまったくワキガでない人です」と。

人間の感覚を意識を集中するととても敏感に感じます。嗅覚だけでなく視覚・聴覚・味覚・触覚とう五感はすべて共通して集中するほど敏感に感じます。

逆にいえば意識を向けていないものは感じないともいえます。レストランで隣で大声で話しているグループがいたとしてもその音は耳に入っていても話は覚えていないものです。意識していないものは聞いていないのです。

ワキガで悩む人の70%が手術が必要ないという事実を知り、またご紹介した清潔と衣類の対策をすることでご自身がワキガ臭の悩みから解放されればベストですし不要な手術をしなくて済みます。

4-2.ワキガ手術をお勧めできない。その理由は!

ワキガ手術をお勧めできない理由は5つあります。
1.切開するリスク(メスを入れる等)
2.傷痕が残るリスク 
3.術後一定の安定期間が必要 
4.手術してもニオイが消えない 
5.費用。

1と2.は医師の技量に大きく左右されます。、またアポクリン腺の削除の成功率も医師の技量です。また特に4の手術しても臭いが消えないというのは、そもそも悩んでいた臭いがアポクリン腺が原因ではなかったとしたらアポクリン腺を削除しても臭いが消えるはずもありません。思い切って手術をしても「臭いが消えない」と悩んでいる方も少なくないのです。

7割の方が気にし過ぎだからといってワキガ体質のすべての人に対しワキガ手術(アポクリン腺削除)を反対しているわけではありません。中には自他ともに認める不快で強い臭いを発している人がいないとは限りません。

そんな方であれば手術も選択枝に入れて検討するのは当然でしょう。ワキガ手術を検討している方のために最後はアポクリン腺の削除手術をする場合の医師選定のポイントをご紹介します。

4-3.それでも手術をする場合の医師選定のポイント

ワキガ手術をする場合、医師をどう選定するかで決まるといっても過言ではありません。またワキガの悩みは気にし過ぎている人が多いことからも心の問題とも深く関わっています。

そういう意味で心の問題(体臭恐怖、自己臭症等)とワキガの診断と手術の技量を兼ね備えた医師で手術の必要性から判断し必要であればその理由と手術方法などあなたに最も適した方法を提案してくれる医師を選定することが大切です。そんな医師を選ぶポイントは

・ワキガ手術の経験が豊富な医師
・まずはカウンセリング(相談)だけでも受けてくれる医師
・多くの経験値からあなたの臭いの度合いを教えてくれる医師
・そのうえで手術の必要性の有無をアドバイスしてくれる医師
・手術のコスト(保険適用の有無)や様々な手術のリスクを明確に説明してくれる医師
・実際に話て相性が合う医師

ワキガ手術を検討する場合は複数の医師のカウンセリング(相談)をされることをお勧めします。医師の人格も様々です。経験値や評判も大切ですが医師選定で最も大切なことはあなたの悩みを心理的側面(相談)と物理的(手術))側面の両面から解決しようとしてくれる医師を選択することが大切です。

そのためには複数(2~3件)のクリニックを受診し手術の必要性を見極めまたコスト、リスクなど総合的に判断するようにしましょう。

5.まとめ

アポクリン腺が存在するのは自然なことです。(日本人のワキガ体質の割合が少ないだけ。)ただワキガ体質で深く悩み受診される人であったも70%は手術の必要性がないのです。他人に不快感を与えるのが怖いのであれば清潔と衣類対策でほぼ解決します。どうかご紹介した身体の清潔と衣類のワキガ臭ケアでアポクリン腺の汗をかきながら無臭でいられる一日をお過ごしください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ワキガ対策を諦めているあなたへ

以前からワキガ臭に悩み、デオドラント剤をいくつも試してきたけど、何を使ってもワキの臭いが気になってしまう。でも、手術するのはちょっと抵抗あるし…そんなお悩みを抱えてはいませんか?

でも、もう悩む必要はありません。

多くの方がワキガはワキの下(地肌)が臭っていると思われていますが、実際には、汗が衣類に付着することで、菌が発生し臭いが生じていることが多いのです。つまり、この衣類の菌の発生さえ防ぐことが出来れば、あなたはずっと臭いません。

この衣類対策を実現させたのが「抗菌消臭剤ヌーラビオ」です。使用したその日から「ニオイがしない」「ニオイが激減した」ことを実感できます。

・体臭治療の専門医もその効果を実証済み
・ワキガ菌・ニオイ菌を99.9%除去できる
・直接肌に抗菌クリームを塗らなくてもニオイ予防が実現できる
・約72時間、衣類のワキガ臭発生を防ぐ

消臭効果に満足が出来なければ、商品代金を全額返金してもらえる安心の保証付です。

あなたの臭いは必ず改善されます。他人との距離を気にすることなく、日常生活を送ってみませんか?


ニオイ対策をする

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

ワキガ菌を99.9%除去!安全で効果的なワキガ臭ケア