注目記事
加齢臭対策

加齢臭

もしかして臭ってる?オフィスで嫌われないために知っておきたい大人の加齢臭対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

自分の加齢臭で人に不快な思いをさせていないだろうか?クサいと思われていないだろうか?そんな不安から加齢臭を防ぐ方法やグッズを探していませんか?

加齢臭対策のポイントは2つ!1.加齢臭は誰でも出るのもの!そこで他人に加齢臭を感じさせないエチケット方法。そして2.加齢臭を不快な臭いにしない対策です。実は加齢臭には不快な加齢臭と不快でない加齢臭があるのです。

これから加齢臭発生のメカニズム、不快な加齢臭と不快でない加齢臭の違いなどを理解頂き、今すぐ実践できる他人に加齢臭を感じさせないための5ステップと加齢臭を不快な臭いにしないための3つの習慣をお伝え致します。これらの方法を用いて職場でまた家庭でいつも爽快で清潔感ある自分自身になって頂ければ幸いです。

1.加齢臭発生のメカニズムと特徴

加齢臭発生のメカニズムというと、パレミトオレイン酸、過酸化脂質、ノネナールなど聞き慣れない物質名が出てくることが多いのですがここでは加齢臭発生のメカニズムを簡単に理解頂くためにできるだけ専門用語を使わずお話して参ります。

1-1.加齢臭発生のメカニズム

「加齢臭とはパレミトオレイン酸と過酸化脂質と結びつくことにより分解・酸化し発生するノネナールという物質でこれが加齢臭の元です」というのは事実ですが何がどうなっているのか理解するのは難しいですね!そこで分かりやすく加齢臭を説明すると・・・

人間の皮膚は皮脂という「あぶら」でうるいおいが保たれています。加齢臭とはこの皮脂が酸化(腐る)した臭い です。天ぷら等もあげたては香ばしい良い香りですが時間が経過した天ぷらは不快な重たい臭いに変化(酸化)します。これと同じように皮脂という脂(あぶら)も酸化することで不快な臭いになるのです。

加齢臭発生の仕組み

皮脂が酸化した臭いなら子供でも加齢臭が発生するのでは?と思われるかもしれませんが、一定年齢を超えると皮脂を酸化させる物質(パルミトオレイン酸、過酸化脂質など)が増加するため一般的に30歳~40歳前後から独特の臭い(加齢臭)が発生します。

そしてどんな年代にも特徴的な体臭があります。赤ちゃんには赤ちゃんの臭い、青年には青年の臭い、年齢を重ねた人には年齢を重ねた人の特徴的な臭いがあり、そのひとつの物質が加齢臭(ノネナール)であり本来、不快な臭いではないのです。では不快な加齢臭が発生する原因を探ってみましょう!

1-2.不快な加齢臭と不快でない加齢臭の違い

加齢臭は多くの場合、40歳前後から発生すると言われていますが、それでは40代を超えた50代の全ての人は不快な臭いを発していますでしょうか?エレベーターなどで一緒になると実際にかなり不快な臭いを発している人もいますが固有の体臭はあるにせよ不快な臭いがしない人もいます。この不快な加齢臭を出す人と不快でない人の違いは何なのでしょう?

不快な加齢臭や体臭が発生する原因は大きく2つ考えられます。1.ひとつは体臭エチケットに気をつけているか無頓着かの違いです。そしてもうひとつは2.食生活、ストレス、不摂生などにより不快な体臭が発生しやすい体質になっていることが考えられます。

1.の体臭エチケットは効率的な方法さえ知れば今すぐ実行できます。しかし2の体質は時間をかけてつくられるものなので改善もそれなりに時間がかかります。後ほど詳しい対策方法をお話ししますが、まずは不快な加齢臭の原因を詳しくみてみましょう!

不快な加齢臭の原因1.体臭エチケットが充分でない

加齢臭は皮脂が酸化(腐る)した臭いであることは既に説明した通りですが、実際は加齢臭だけが臭うことはありません。人の体臭は様々な臭いが入り混じった状態で発生している混合臭なのです。

加齢臭は複合臭

加齢臭以外の体臭発生のメカニズムは汗をエサに常在菌が繁殖し、菌が繁殖する際の老廃物として臭いを発生させています。皮脂が酸化した加齢臭と汗を原料とする体臭に加え口臭、頭髪臭、さらに衣類臭など様々な臭いが混合されたものが、その人の体臭の実態なのです。

このためいつも汗や清潔な衣類、また口臭や頭髪臭などに気を配っているか無頓着かで発生する臭いの不快感は大きく異なります。男女共に発生する加齢臭が「男の臭い 」というイメージが強いのは男性に比べ女性の方が清潔に気を配り、また、男性のように同じスーツを毎日着るようなこともないなどの理由から、「加齢臭は男の臭い」というイメージが強くなっているとも言えます。

後ほど、5ステップで詳しく対策方法をお伝えしますが、このように体臭エチケットに気を配るだけで加齢臭、体臭は激減するものです。

不快な加齢臭の原因2.不快な体臭を発しやすい体質

加齢臭は皮脂、つまり体から出る皮脂という「あぶら」が酸化した臭いですから、肉類など脂肪分が多い食生活を続けていると当然、加齢臭の原料となる脂肪酸の分泌が高まります。さらに高脂質の食生活は体臭にも影響を与えます。

一例をあげれば消化の悪い肉類が腸内にとどまれば腸内で悪臭が発生し、その悪臭は血流に溶け込み汗の分泌と共に体外へ排出され体臭となることもあるのです。詳細は後ほどお話しますが、このような食生活の乱れ、さらに不摂生、ストレスなどが重なると不快な体臭、加齢臭を発しやすい体質となってしまいます。

現代人の多くが食生活の乱れにより、このような体質になりがちですが、まずは大人のエチケットとして他人に不快な加齢臭や体臭を感じさせないための「今日から実行できる加齢臭対策5ステップ」をご紹介した後、健康でしかも体臭・加齢臭予防にもなる「不快な加齢臭を発生させない体質にする3つの習慣」についてお話させて頂きます。

“加齢臭を不快に感じやすい世代”

  • 加齢臭は年齢を重ねた人の体臭の特徴です。この加齢臭は大昔から存在していた”おじいちゃん””おばあちゃん”の臭いでもあります。昨今、この加齢臭はとてもネガティブなイメージが定着している理由に核家族化という問題があるのではないでしょうか?

    昭和20年台、30年代生まれの人は、ほとんどが祖父母と暮らした経験が多いと思います。優しいおじいちゃん、おばあちゃんのイメージはその加齢臭と共に強烈にインプットされていたのです。もしかしたら加齢臭を嗅ぐと優しいおじいちゃんの思い出がよみがえる方もいらっしゃるかもしれません。

    しかし核家族化が進み、祖父母と生活を共にしたことのない世代は、加齢臭を生活の中で嗅ぐ機会が減少しただけでなく昨今の清潔ブームが追い討ちをかけ加齢臭=不快なものと思いこまれているのかもしれません。そんな加齢臭の歴史を振り返ると、加齢臭を気にし過ぎるのも考えものではないでしょうか。

2.加齢臭のしない一日のための5ステップ

ここでの5ステップは加齢臭だけでなく体臭全般にも有効な具体的体臭エチケット対策方法です。シンプルですが実行すれば体臭や加齢臭で他人に不快感を与えることを防ぐための5ステップとなっています。最大のポイントは清潔と衣類臭ケアと身だしなみです。それでは具体的に5ステップを見てみましょう!

2-1.朝は臭いをリセットする

就寝中は大量の汗と皮脂が分泌されます。そのため寝起きは皮脂や汗といった臭いの原料がたくさん身体に付着している状態です。この状態で出勤するのと一度洗い流しリセットしてから出社するのとでは、当然その後の臭いが発生するまでの時間や臭いの不快感が変化します。ここでは朝の加齢臭リセットのポイントについてお伝えします。

2-1-1.皮脂と汗が多い場所をしっかり洗う

加齢臭の原料となる皮脂が多く分泌される部位、額、頭、首、胸、背中などとその他の体臭の原料となる汗が多くでる部位を中心にしっかり洗いながしましょう。

加齢臭の出る部位

2-1-2.洗い方の注意点

洗い流す際の大切なポイントは、しっかり洗うといってもゴシゴシ洗い過ぎないことが大切です。ゴシゴシ洗い過ぎると必要な脂分まで失ってしまいます。すると体は余計に皮脂を分泌するようになってしまいますので返って加齢臭の発生を促してしまいます。

皮脂や汗が出る部位はしっかり洗う必要があるのですが、洗浄のコツは背中など手の届かない部位はタオルでやさしく洗い、手のひらの届く部位は細かい泡で素手で優しく洗うのがポイントです。

2-2.身だしなみに気をつかう

加齢臭ばかりに気をとられ体臭、口臭、頭臭など他の不快な臭いが出ていれば加齢臭が出ていないくても、あなたの印象は悪くなるばかりです。また見るからにだらしない無頓着な姿だとあなたの体臭をより不快に感じさせるものです。

特に女性は臭いと感情が深く結びつきやすい傾向があります。例えばタバコの臭い。タバコが大嫌いな女性でも、大好きな人のタバコの煙は何となく許せてしまいがち。しかし大嫌いな人や見るからに不潔な人のタバコの煙が近づいたら息を止めて逃げたくなったりします。見た目にも臭いがあるようなものです。ここでいう身だしなみとは特別なことではなく大人としてのエチケットです。清潔感こそ加齢臭対策に最も重要な要素なのです。

その他注意したい身だしなみのポイントは、◆ヒゲを剃る◆髪型を整える◆爪を切る◆口臭に気をつける◆顔のテカリを拭く◆靴を磨くなどがあげられます。

身だしなみ

更に臭いを発するものには特に注意が必要です。整髪剤、香水類、タバコなどです。香水はもちろん整髪剤の香料成分が加齢臭などと入り混じるとさらに不快な臭いになる可能性が高いのです。整髪剤は無香料、香水は付けないのが無難です。そしてタバコの臭いは衣類に付きやすくまた口臭となって周辺に出やすいので気をつけましょう。

2-3.汗はこまめに拭く

汗は加齢臭を強くします。汗をエサに常在菌が繁殖する程、臭いが発生します。ですので汗が菌のエサになる前にこまめに拭きとるのがベストです。出た汗を放置しておくと水分が蒸発しベトベトになりより臭いが発生しやすくなるのです。ベトベトになった汗は濡れタオルかデオドラントシートで拭きとりましょう。身だしなみのポイントでもお話しましたが額が皮脂でギラギラしていると印象もよくありません。

2-4.衣類の臭いに気をつける

加齢臭や体臭というと体が臭っているようなイメージがありますが、実際に他人に臭いを発しているのはほとんどの場合衣類 なのです。衣類臭ケア無くして体臭や加齢臭ケアは考えられません。

いかに衣類の臭いが体臭に影響しているかという例をあげてみると、分かりやすいのは足の臭いです。足はプールや海水浴場では裸足のため足は臭くなりません。理由は汗を吸いとる衣類(靴下)をはいていないからです。臭いの原料が蓄積され菌が繁殖する場としての衣類がないのです。さらに臭いが発生しても裸足でいる環境では、その臭いが蓄積される場所となる衣類(=靴下)がないためです。

これは足に限ったことではありません。入浴時以外は人は衣類を着用しています。ほとんどの体臭は衣類で発生蓄積され衣類が臭いを放出しています。加齢臭もその元となる皮脂は背中や胸などから多く分泌されます。そしてそこで発生する臭いも衣類に吸着され、一定量の臭いが蓄積されると他人まで臭いは拡散されるのです。以上の理由から即効性があり劇的に体臭、加齢臭を激減させる方法は着替えることです。

しかしそうそう日中、何回も着替えるのは困難であれば臭わない衣類にする衣類用消臭スプレーなどを使用しておくと効果的です。

2-5.夜は疲れと臭いを洗い流す

一日の中で最も身体が臭くなっているのは夜です。朝と同様、夜もしっかり疲れを汚れ、臭いをリセットしましょう!また後ほど詳しくお話しますが鈍った汗腺を活性化させるためにも湯船にしっかりつかることが大切です。

3.不快でない加齢臭にするための3つの習慣

加齢臭、体臭を不快にしないための食事習慣のポイントは3つ。1.脂質を取り過ぎないこと。2.野菜中心の食事。3.食物繊維を多くとる。の3つです。

加齢臭には不快な加齢臭と不快でない加齢臭があることは既にお話しましたが、加齢臭を含む体臭は全ての人に必ず存在しています。しかし健康で清潔な人の体臭や加齢臭は基本的に不快なものではないのです。

では不快な加齢臭、体臭になる原因は何か?現代人の体臭、加齢臭を不快にする要因は生活習慣と密接な関係があるのです。そういう観点から加齢臭を不快にする3つの習慣を見直してみてはいかがでしょうか!健康にも直結することですのでぜひ心がけてみて下さい。

3-1.食事習慣を見直す

加齢臭は皮脂が酸化(腐る)した臭いです。この皮脂の原料となるジャンクフードや肉類など脂分が多い食事習慣を続けると皮脂の分泌量も増え、より加齢臭が強くなる傾向になります。また肉類は消化が悪いため腸内で長時間滞在し悪臭が発生します。腸内の悪臭は血流に溶け込み汗と共に臭うことにもつながります。このように肉中心の食生活は加齢臭だけでなく体臭も強くしますので注意が必要です。

ではどんな食べ物がオススメかというと抗酸化作用のある食べ物です。酸化は腐るという意味ですので抗酸化は腐るのを防ぐということになります。加齢臭は皮脂が酸化した臭いですので抗酸化作用は加齢臭の予防にもなるのです。

具体的な栄養素としてはビタミンCをはじめとするビタミン類です。もっと簡単にいえば野菜中心の食生活です。肉を食べる際も食物繊維が豊富な野菜と一緒に食べることで腸内で悪臭が発生する前に食物繊維が便を巻き込み排出してくれるため体臭抑制にもつながります。

このようにバランスの良い食生活は健康な体に直結するだけでなく不快な加齢臭や体臭を出さないためにも大切になります。また毎日3回の食事。年間約1,000回の食事ですのでちょっとした心がけで大きな変化につながります。バランスのとれた食生活、和食や野菜中心の食事をこころがけましょう!

3-2.汗をかく

汗は加齢臭を強くします!加齢臭以外の体臭は汗をエサに菌が繁殖する際に発生します。また必ず加齢臭は他の体臭との混合臭として存在しますので、汗は加齢臭を不快な臭いにする大きな要因なのです。

そこで問題となるのが汗をかかない人が多いことです。運動不足、夏でも冷房の中で生活する。入浴はシャワーで済ます。など汗をかかない習慣になると汗腺(汗が出る穴)が退化し成分の濃い汗になりやすいのです。

すると発生する臭いも強くなる傾向になります。シャワーでなくしっかりお風呂で湯船につかる習慣や運動習慣により本来の汗腺機能を復活させ水分の多い汗、すなわち臭くなりにくい汗をかくことが大切です。

3-3.ストレスをためない

ストレスを感じると体はそれに対抗しますがその際、活性酸素が増加します。同時にストレスはビタミンCの消費します。逆にいえばビタミンCはストレスを和らげてくれる効果があるのですが、抗酸化作用が強いビタミンCが減少すると活性酸素の勢いが強くなっていきます。

この活性酸素は酸化(腐らせる)作用が強く、体内に大量発生すると加齢臭の原料(過酸化脂質)が増加するのです。端的にいえば活性酸素は、加齢臭の原料である皮脂を酸化させやすいのです。

このためストレスをためればためるほど活性酸素が増え、結果として皮脂の酸化物質も増え加齢臭を強くしてしまいます。ストレスの強さは加齢臭に大きく影響しているのです。加齢臭を抑制するには3-1.でお話した食生活と共にストレスをためすぎないように適度に解消することが大切です。

4.まとめ

加齢臭は年齢を重ねれば誰でも発生する自然な臭いです。加齢臭自体は基本的に不快な臭いではないのです。しかし不快な加齢臭を発してしまう大きな要因は体臭エチケットに無頓着なことが大きな要因となります。

ご紹介した特に衣類臭ケアと身だしなみに気をつけて清潔感あるご自身を演出して下さい。また食生活、運動、ストレスコントロールにより不快でない加齢臭、体臭を維持し健康な身体つくりを心がけましょう!

(2016年自社調べ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

加齢臭が気になる中高年のあなたへ

30歳後半から40歳を過ぎた頃になって、子供や奥さんから「パパ、くさい!」と言われたり、通勤電車の中で鼻をすすられてしかめっ面をされた。もしかしたら自分は臭っている?これってまさか加齢臭かも・・・と気になってはいませんか?

そんな中高年のあなた、加齢臭は解決できます。

加齢臭は、皮脂が酸化して発生するノネナールという物質と、汗臭などその他の体臭が混ざった「複合臭」です。この複合臭が衣類に付着して蓄積され拡散すると、他人に「臭い」と感じられてしまうのです。しかし、あらかじめ衣類を臭わなくしておく「衣類臭対策」で、加齢臭は激減できるのです。

これを実現できるのが「急速イオン消臭スプレー ヌーラ」です。

・一般的な消臭スプレーでは消すことのできない加齢臭の原因ノネナールを97.4%消臭できる
・衣類にスプレーしておくだけで、消臭効果が1日中持続
・汗臭など加齢臭以外の臭いもこれ一液(一本)で消臭可能
・購入者からの口コミで広がり、高いリピート率で販売累計250,000本を突破

消臭効果に満足できなかった場合は、商品代金を全額返金してもらえる安心の保証付きです。

あなたの加齢臭はこの衣類臭対策により必ず解決できます。年齢を重ねると共に増えてくる加齢臭が気にならない生活を手に入れてみませんか?


加齢臭対策をする

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

ワキガ菌を99.9%除去!安全で効果的なワキガ臭ケア