注目記事
消臭 靴下

足 臭い

足が臭わないと実感できる消臭靴下の選び方と消臭実験の検証結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

現在、様々な消臭機能を持った靴下が販売されているようですが、消臭効果ありとうたわれていても、実際に履いてみると消臭効果は実感できないという靴下が多いようです。

本当に臭わない消臭靴下はあるのでしょうか?世の中の消臭靴下の実態と最も消臭機能を実感できる消臭靴下をご紹介していきます。

1.消臭靴下は足臭対策に有効なのか?

1-1.消臭靴下の消臭試験

消臭効果とは、10%でも臭いが消えれば10%の消臭効果があるというのはウソではありません。しかし、消費者が臭わない靴下を求めているとしたら10%の消臭効果では意味がありません。10%は極端としても実は、臭いというのは90%消臭しても効果は実感できない場合が多いのです。

その理由は、消臭率とは、臭いが消えたと感じられる体感度とは全く別の次元の数値だからです。例えば消臭率が99%で1%だけしか臭いが残らないとします。数値的だけ見れば「ほとんど臭いが消えた」という印象ですが、実際は残った臭いの濃度がわずかでも強烈な臭いを感じる臭いもあるのです。

その感じ方は、臭いの種類によって様々です。具体的な体臭を構成する臭い物質でいえば、アンモニアの臭いを感じる濃度は1.5~2ppmという濃度ですが、酢酸は0.006ppmで臭いを感じます。このように消臭率は消臭能力の目安にはなりますが、臭いが消えたという感覚値とは別次元のものなのです。

当然のことですが、消費者が消臭靴下に期待することは”足臭がしない”あるいは”減少した”という実感に他なりません。

1-2.消臭能力の実感基準がない

消臭靴下の機能に、アンモニアなど足臭を構成する臭い物質の消臭率がなぜ表示されているのか?ひとつは、消臭効果の目安としての表示、もうひとつは、実際にどれほど消臭実感が得られるかという実感基準が存在しないからです。消臭実感基準が設けられない理由はいくつかあります。

まず、足臭自体、とても多くの臭い物質の混合臭であること。足臭は個人差が大きく人や環境によって発生する臭いの濃度も量も異なること。このような不確定な足臭の消臭実感基準は設定することが不可能なのです。

では、消臭靴下(=臭いがしない靴下)すなわち「消臭された」「臭いがしない」という実感を得るために必要な消臭靴下の機能とは、どういうものなのかは、後ほど詳しくお話します。

その前に、消臭靴下が体臭対策に有効なのか確認してみましょう。

2.消臭靴下で足の臭いは消えるのか?

まず、足臭と靴下の関係について確認する必要があります。気になる足臭。その臭いを拡散しているのは実は、ほとんどの場合、靴下なのです。足は大変多くの汗が出る部位なのですが、この汗を吸いとるのは靴下です。

そして、汗を吸いとった靴下の中では、この汗をエサに菌が繁殖します。繁殖する際に発生する「ニオイ」は、靴下に吸着され蓄積されていきます。靴下に蓄積された臭い物質が一定量を超えると空中に浮遊し、他人の鼻まで届くと「クサい」と感じられてしまうのです。クサいのは「靴下」なのです。

裸足だと足はそれほど臭くならないのは、靴下を履いていないからです。本来、ニオイを蓄積するはずの靴下が、その足臭(ニオイ)を消し、本当に臭わない靴下であるなら、その消臭靴下を着用することは、抜群の足臭ケアになります。

3.臭わないと感じるために必要な機能

消臭率では分からない実際に一日着用しても「臭いがしない靴下」が消臭靴下とするなら、そんな消臭靴下に必要な機能は大きく4つ必要になります。

3-1.足臭を構成する複数の臭いが消える

そもそも足臭というニオイは存在しません。ジャングルという木が存在しないのと似ています。ジャングルは様々な種類の樹木が生い茂っている環境を意味します。足臭も同じく非常に多くの臭い物質(臭いの種類)が入り混じった複合臭なのです。

足臭を構成する臭い物質は多数存在しますが、一般的に3つの代表する臭い物質で構成されています。具体的には1.アンモニア 2.酢酸 3.イソ吉草酸 の3つです。足臭という複合臭が「消えた」と感じるにはこの3種類の臭い物質が消臭される必要があります。それぞれの臭い物質の臭いの特徴は、

アンモニアは、馴染みがあると思いますが尿の臭いに代表される臭いです。
酢酸は、酸っぱいような臭いです。
イソ吉草酸は、臭くなった足のような臭い、雑巾の臭いなどにも例えられます。

どの臭い物質も不快なため、全ての臭いが消えていないと、臭いがしないという実感が得られないのです。また、臭い物質の性質も異なります。臭い物質のひとつの指標である、酸・アルカリで分ければ、アンモニアはアルカリ性、酢酸とイソ吉草酸は酸性です。こういった性質の異なる臭い物質を一度に消臭するのは、一般的に難しい技術が必要となります。

3-2.瞬間的に消える

3-1.では複数の臭い物質を消臭する必要があるというお話をしましたが、2つ目に消臭靴下に求められる機能は、すぐ消える=瞬間的に消えるという事です。

理由は、ジワジワ1日経過すると靴下の臭いが消えるとしても、まったく意味がありません。消臭靴下を着用する最大の目的は「臭わない」ということです。着用して臭くなる瞬間にすぐ消臭されなければ、消臭靴下の意味がありません。

3-3.長時間消臭効果が持続する

すぐに消えることに加えて、長時間=少なくとも、ほぼ一日は消臭効果が持続するための消臭容量が必要なのです。1時間だけ臭わないが、2時間すると臭くなってしまうのでは、やはり消臭靴下としての価値が下がります。

一日着用しても臭わない消臭容量が最低必要です。言い換えると、一日消臭効果が持続することが必要なのです。

3-4.洗濯しても効果が持続する

1回洗濯、あるいは数回洗濯しただけで、消臭効果が減少あるいは無くなってしまっては、やはり消臭靴下の価値は高いとは言えません。繰り返し洗濯しても、消臭効果が下がることなく持続する必要があります。

以上、足臭という複合臭が消えて、すぐに消臭され、一日消臭効果が持続し、かつ洗濯しても消臭効果が減少しない靴下こそ、消臭靴下に必要な理想的な機能です。

4.消臭靴下の3つの方式

消臭靴下の消臭方式には、反応(分解)消臭、抗菌消臭、吸着消臭という3つの方式があります。

4-1.反応(分解)消臭

反応消臭というのは、臭い物質には臭う形があり、人間は数十万種類の臭いを感知できると言われていますが、臭いを臭わない形に変化させることにより無臭化する消臭方式です。

唯一無臭化する消臭方式が反応消臭(イオン消臭・分解消臭)です。短時間で大容量の臭いを無臭化するため、臭わないという実感がえられます。

4-2.抗菌消臭

抗菌消臭というのは、臭いを作り出しているのは菌という生物のため、この菌にアプローチする消臭方式です。分かりやすい例では、殺菌などです。こちらは、抗菌靴下がメジャーです。菌の繁殖を抑制できれば臭いも抑制できるのですが、菌は無尽蔵にあり完全に菌を抑えきれるものではないので、消臭効果は全くありません。

4-3.吸着消臭

吸着消臭とうのは、臭いを閉じ込める消臭方式。そもそも臭いというのは、小さな物質です。この小さな物質が、空中を浮遊し鼻に入ることで人は臭いを感じます。浮遊しないように閉じ込める方式が、物理的消臭です。活性炭や竹炭などが有名です。

しかし、物理的消臭は、臭い物質を無臭化しているのではなく、浮遊しないようにしているだけですので、湿度や温度の変化、また、飽和状態になると再び臭いが発生してしまうのが難点です。

5.消臭試験をした結果

消臭機能をもった靴下を履くことで、1日足の臭いを気にすることなく過ごすことができます。ですが、いろいろと販売されていますので、本当に効果はあるのか?疑問に思われる方も少なくないと思います。

安心して消臭靴下を履いていただくために、数ある消臭靴下の中でも3商品をピックアップして、アンモニアの消臭実験を行いました。実際にどれほどの消臭効果を実感できるのか検証してみました。

※以前、靴下の消臭効果の検証をした際のデータを載せます

5-1.試験方法

アンモニア臭についてお話しますと、アンモニアの濃度が2ppmという濃度の時、人はわずかに臭いを感じ、8ppmという濃度になると、激臭で強い臭いを感じます。実験では、アンモニア濃度が1,000ppmという濃度が1分でどのくらい臭いが感じられないのか、北川式ガス検知器を使って検証します。

【アンモニア消臭実験の内容】
アンモニア濃度:1000ppm
測定時間:約1分間アンモニア濃度 検地管

上記の写真は、測定する検知管。
写真左:検地する前の状態(紫色)
写真右:アンモニア濃度1000ppmを検知した状態(アンモニア臭を検知すると黄色に反応します。鼻に残るくらい強く痛い臭いを感じます)

【試験対象製品】

デオル5本指ソックス(自社製品:1,900円)
デオル製品は、このアンモニア濃度が1,000ppmという桁違いの臭いを、わずか3分で急速分解消臭してしまう消臭能力がある。長時間はき続けても臭いを消臭し続けることが可能。その消臭容量は3日間履き続けても臭いはほとんどしないほど。イオン化結合により大容量のニオイを瞬間的に無臭化することができる靴下。

デオル5本指ソックス

 

 

 

 

■抗菌5本指ソックス(0社:¥1,200円)
吸水性・放質性、消臭性に優れた天然ウール糸で編んだいる靴下です。繰り返し洗濯をしても消臭効果は半永久的に持続する靴下(メーカーによる説明)。

抗菌ソックス

 

 

 

 

■銀イオン5本指ソックス(T社:2,000円)
 銀イオンはAG+と呼ばれる事も多いですが、電気的にプラスの状態になっていて、細菌・ウィルス等マイナスの電気を帯電しているものに 磁石が引き寄せあうように、瞬間的に吸着する。AG+と雑菌・ウィルスが吸着する際に光のスピード程の速さでぶつかり合う事で、その衝撃で 臭いの原因となる雑菌・ウィルスを破壊してくれる靴下(メーカーによる説明)。

銀イオンソックス

 

 

 

 

5-2.アンモニア消臭実験の様子

1.容器にアンモニア液(原液と水を1:1で薄めたアンモニア液)を3プッシュする。

アンモニア消臭実験 3プッシュ

2.アンモニア液を入れた容器に靴下を入れ、約1分間放置する。

■デオル5本指ソックス(自社製品)デオル5本指ソックス

■抗菌5本指ソックス(O社)
抗菌5本指ソックス(O社)

■銀イオン5本指ソックス(T社)
銀イオン5本指ソックス(T社

3.約1分経過後、北川式ガス検知器で計測してみる(各ソックスをそれぞれ計測する)。

北川式ガス検知器

4.アンモニア濃度の検知結果は、抗菌5本指ソックス(O社)、銀イオン5本指ソックス(T社)は、どちらともアンモニア臭を検知したため、黄色に反応している。メモリが50~100のところを示している。対照的に、デオル5本指ソックスは0(紫色のまま)となりアンモニア臭が検知されないという結果となりました。

5-3.試験結果

アンモニア濃度の検知結果は、抗菌5本指ソックス(O社)、銀イオン5本指ソックス(T社)は、どちらともアンモニア臭を検知したため、黄色に反応している。メモリが50~100のところを示している。対照的に、デオル5本指ソックスは0(紫色のまま)となりアンモニア臭が検知されないという結果となりました。

アンモニア濃度の検知結果

  初期値 1分後 定性的表現
デオル5本指ソックス(自社製品) 1000ppm以上

0(検知不能)

完全に臭わない
抗菌5本指ソックス(O社) 1000ppm以上 100ppm 強い臭いを感じる
銀イオン5本指ソックス(T社) 1000ppm以上 80ppm 強い臭いを感じる

以下、検知管が3本並んでいる写真は、計測後の写真です。

写真上:デオル5本指ソックス(自社製品) 検知結果:0
写真中:抗菌5本指ソックス(O社) 検知結果:100ppm
写真下:銀イオン5本指ソックス(T社) 検知結果:80ppm

アンモニア消臭実験 検知結果

5-4.最も大切なことは臭いがしない実感

消臭靴下は、消臭機能が優れた靴下、消臭される時間が早くて長い靴下、消臭のほかに速乾性や放湿性に優れた靴下など、それぞれに優れた特徴や機能があります。

足の臭いが気になる方には、もちろん消臭効果が優れた靴下を着用されることをおすすめしますが、履き心地を優先されたり、速乾性や通気性などを求める方は、それぞれの機能や素材が優れた靴下を選ばれるとよいと思います。

6.目的別ベストな消臭靴下の選び方

消臭能力だけを見れば明らかにデオルソックスが優れていますが、価格と消臭効果の両方を考慮すると消臭靴下を選定するポイントは、大きく2つに分かれます。1つは、少しでも臭くなりにくければOKという場合と、もう1つは、靴下で足臭対策を消したい場合です。

6-1.足臭を多少でも軽減できればよい人

機能の優れた消臭靴下を着用すれば、有効な足臭対策になるとしても「靴下に2,000円以上使う程でもない。少しでも臭くならない靴下であればよい」方は、着用感やデザインと価格で決定するのがベストです。

現在販売されている靴下のほとんどが、抗菌・消臭が表示されていますので、足臭の軽減は期待できます。ただし、消臭効果があっても「臭わない靴下」ではないことが大前提です。

ただ、自分にとって大切なパーティーや結婚式や、急な座敷での接待などで、足臭が消える靴下を着用したい場合、お持ちの靴下を高機能靴下にする方法を最後にご紹介しますので、参考にしてみてください。

6-2.足臭までしっかり抑制したい人

汗臭や加齢臭あるいはワキガ臭までしっかり抑制したい方は、3.で確認した消臭靴下に求められる4つの機能(複合臭が消える・消臭スピード・消臭容量・機能持続期間)を全て網羅している靴下が必要となり、オススメなのは急速分解消臭デオルソックスです。

アンモニアの実験でも明らかになりましたが、デオルソックスは、オシッコをかけても瞬間的に無臭化するほどの消臭効果があります。また、高価な靴下だけに販売メーカーでは「満足返品保証」がついています。

購入後、着用してみて消臭効果に満足できなければ、全額返金が可能です。「満足感」という使用者の主観で返品が可能なので、安心して購入することができます。

7.お持ちの靴下を高機能消臭靴下にする方法

お持ちの靴下を高機能消臭靴下にする方法もありますのでご紹介します。ただし、この方法は消臭加工用スプレーを使用するため、洗濯後は効果がなくなり、再度スプレーをする必要があります。

しかし、この手間が問題でなければ、デオルソックスと同等の消臭効果にする方法です。デオルソックスは、繊維自体に分解消臭機能がついています。この消臭機能と同等のイオン交換体(臭いに反応する物質)を、お持ちの靴下にスプレーしておくだけで消臭加工することが出来ます。

要は、一日臭わない衣類になります。その消臭加工スプレーは、急速イオン消臭スプレーヌーラです。ヌーラは、洗濯後、再度スプレーする必要がありますが、靴下だけでなく衣類全般に使用可能です。毎日洗うことが出来ないスーツなども消臭加工することができるのでとても便利なアイテムです。

ヌーラ

 

 

 

 

イオン交換スプレーヌーラ210ml (1本1,800円税抜)
いい快互服ドットコム

8.まとめ

消臭靴下の機能や素材も様々あります。機能でも選ぶ人、素材で選ぶ人、価格で選ぶ人、人それぞれ求めるものは異なりが、しっかり足の臭いを消してくれる製品を求めるのであれば、急速分解消臭デオルソックスがおすすめです。万全な足臭対策になりますので、ぜひご活用ください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

足の臭いが気になるあなたへ

いつも気になる足の臭い
だから怖いのが、お座敷での飲み会やお宅訪問など急遽、靴を脱ぐ場合。他人に自分のニオイが伝わったらどうしよう、そんな不安を抱えていませんか?

でも、もう悩む必要はありません。

足の臭いが「クサい!」と感じられてしまうのは、靴下がクサくなっているからです。一日はいても本当に臭わない靴下であれば足のニオイが他人には伝わらないのです。

これを実現したのが「急速分解消臭デオルソックス」です。このソックスを履けば確実に「足の臭いがなくなった」と実感頂けます。

・履くだけで足のニオイも97.9%除去できる!
・手放せない、もっと早く知りたかったなど購入者からの口コミで広がり累計86,912足を突破
・テレビ取材放映をはじめメディア取材実績多数!

デオルソックス

 

万が一、消臭効果に満足出来なければ、商品代金を全額返金してもらえる安心の保証付きです。足の臭いの心配は必ず解決します。いつでも安心して靴が脱げる足元を手に入れてみませんか?


足の臭いを解決する

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

ワキガ菌を99.9%除去!安全で効果的なワキガ臭ケア