注目記事

加齢臭

加齢臭の原因は皮脂の酸化!今日から始める臭わないための対策と予防

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

近年よく耳にするようになり、一般的に使われるようになった「加齢臭」。では、この加齢臭の原因をご存知ですか?案外、加齢臭のきちんとした原因を理解されている方は少ないかも知れません。

加齢臭とは、「皮脂が酸化」して発生するものです。そして、皮脂の酸化によって発生する物質「ノネナール」が主な臭いの原因です。この加齢臭の原因や発生のメカニズムを正しく理解しておくことが、嫌な臭いを抑えたり軽減するのに非常に重要になります。

ここでは、そんな加齢臭の原因を詳しくご紹介してまいります。中高年になり臭いが気になり出した方には、是非ご覧いただきたいと思います。

1.加齢臭の発生する原因とメカニズム

加齢臭と言われる臭いが一般的になったのは、1999年に資生堂が年齢を重ねると発生する臭いの原因物質「ノネナール」を発見して発表し、このノネナールが発生した体臭を「加齢臭」と命名し、これが広く使われるようになったのが始まりです。

では、このノネナールはどのように発生するのか解説していきましょう。

1-1.加齢臭の原因物質は「ノネナール」

人間の皮膚は、皮脂腺から皮脂を分泌し皮膚の潤いを保っています。年齢を重ねると、皮脂腺の中にあるパルミトレイン酸という脂肪酸が増加してきます。これと同時に過酸化脂質という物質も増加します。

このパルミトレイン酸や過酸化脂質が皮脂と結合して分解・酸化すると、「ノネナール」という物質が発生します。

加齢臭発生の仕組み

1-2.加齢臭は他の臭いと混ざった「複合臭」

加齢臭と一言でいっても、発生している臭いは人それぞれ違いますし、感じる臭いも様々です。これは単にノネナール単体だけの臭いではなく、他の臭いと混ざった「複合臭」が加齢臭だといえるのです。

加齢臭は複合臭

他の臭いの原因とは、まず第一に体臭が挙げられます。体臭は、皮膚の表面にいる常在菌が汗などを餌に繁殖する時に老廃物として発生する臭いです。この体臭とノネナールが混ざり合い、加齢臭となってしまうのです。

更に、タバコや整髪料などの臭いと混ざると加齢臭が強くなります。喫煙者であれば、タバコの臭いと混ざり不快な臭いになりますし、男性化粧品特有の香料が入った整髪料などを使っている場合、その香料と混ざって更に不快な臭いとなってしまいます。

2.皮脂の分泌が多い部位は加齢臭の発生する可能性が高い

加齢臭は体の皮脂の分泌量が多い部位から発生します。ノネナールは皮脂の酸化が原因で発生する物質です。皮脂の分泌量の多い部位は、それだけ加齢臭が発生する可能性が高い場所といえます。

体の中では①頭皮②額から鼻にかけてのTゾーン③耳の後ろから首にかけて④胸⑤脇⑥背中⑦へその周辺⑧陰部などが皮脂の分泌の多い部位になります。

3.皮脂の発生は防げないのか?

加齢臭の発生原因である「皮脂」。この皮脂が発生しなければ、そもそも加齢臭も発生しないのでは?とも考えられます。

先にもご説明したように、人間の皮膚は皮脂腺から皮脂を分泌し皮膚の潤いを保っています。仮にこの皮脂が分泌されなければ、皮膚は乾燥してしまい、外部からのバリア機能を失って肌荒れなどが起きる原因となってしまいます。皮脂は皮膚を守るためには、なくてはならないものなのです。

ですが、余分な皮脂の分泌は必要以上のノネナールの発生を招く原因となってしまいます。皮脂は「脂分」なので、食事として採り入れる肉類や揚げ物などの脂分を控えることで、皮脂の分泌を少しでも抑えることに繋がると言えるのです。

1日だけ脂分を控えたからといって、すぐにその効果が表れるわけではありません。毎日の食生活から長期的に取り組む意識を持つことが大切なのです。

4.皮脂の発生を抑えるための正しい知識

では、具体的に加齢臭に対して、どのような対策や予防を行えばよいのでしょうか。これまでご説明してきた、皮脂の酸化によって加齢臭が発生する仕組みから、対策や予防もこの「皮脂」がポイントになります。

4-1.皮脂を落とす体の洗い方

まず、基本であり最も重要な対策が「皮脂を落とす体の洗い方」です。

体の洗い方と言っても、ただ何となく洗ったり、過剰に洗い過ぎてしまっては、効果が得られなかったり逆効果になってしまいます。正しい洗い方をきちんと理解し実践することが大切なのです。

この「皮脂を丁寧に洗い流す方法」を詳しくご紹介した記事がこちら、

正しい体の洗い方については

加齢臭の石鹸でもう迷わない!ユーザー評価の高い石鹸8選を徹底比較

加齢臭を抑えるボディソープはない!もっと効果的で簡単な方法

頭の洗い方については

シャンプー選びは無意味!加齢臭を激減させる正しいシャンプーの方法

をご参考にしてください。

4-2.汗をこまめに拭き取る

次に、衣類などで汗が吸い込まれたりすることのない部位、額や鼻など顔全体や耳の後ろから首にかけての部位は、加齢臭の発生を防ぐためにも、この部位から出た汗をこまめに拭き取ることが大切です。

汗をかいたまま放置してしまうと、皮膚の表面や汗などを餌に雑菌が繁殖して体臭が発生し、その臭いと加齢臭が混ざり合って更に臭いを強くしてしまう原因になってしまうからです。

汗を拭く場合には、乾いたハンカチよりも濡れタオルかデオドラントシートを使うことをおすすめします。

濡れタオルやデオドラントシートを使用することで、乾いたハンカチで拭いただけでは取り切れない皮膚に残った汗の成分や余分な皮脂を拭き取り、臭いの発生原因を抑えると共に、出てしまった加齢臭を軽減することもできます。

4-3.肉類や脂質を控え抗酸化作用のある食品を摂る

加齢臭の原因となるノネナールは皮脂の酸化により発生する物質なので、皮脂の酸化を抑えることができれば、加齢臭の軽減が期待できると考えられます。まずは、余分な皮脂の分泌を抑えるため、皮脂の原料となる肉類や揚げ物・てんぷらなどをできるだけ控えるよう心掛けましょう。

同時に、酸化を抑える効果=抗酸化作用のある食品を積極的に摂取するとより効果が高まります。抗酸化作用のある食品とは、ビタミンCやEを多く含んだ野菜や果物、赤ワインなどに含まれるポリフェノール、にんじんなどに含まれるベータカロチン、緑茶に含まれるポリフェノールなどが挙げられます。

これらを積極的に摂取して抗酸化に努め、健康的な食生活に見直すことが、皮脂の分泌を少しでも抑えることに繋がるため、毎日の食事の際に取り入れていくよう心掛けましょう。

5.まとめ

加齢臭の原因は「皮脂」が大きく関わっていることをご紹介してまいりましたが、ご理解いただけましたでしょうか。

普段から食生活の改善を行い、正しく皮脂を洗い流す方法を行うことで、加齢臭は防ぐことができます。身だしなみに気を付け、清潔を心掛けることも大切です。また、就寝時にかいた汗を朝シャワーで洗い流すことも効果的です。

これらの対策を実践し、年齢を重ねても加齢臭のない中高年を目指しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

加齢臭が気になる中高年のあなたへ

30歳後半から40歳を過ぎた頃になって、子供や奥さんから「パパ、くさい!」と言われたり、通勤電車の中で鼻をすすられてしかめっ面をされた。もしかしたら自分は臭っている?これってまさか加齢臭かも・・・と気になってはいませんか?

そんな中高年のあなた、加齢臭は解決できます。

加齢臭は、皮脂が酸化して発生するノネナールという物質と、汗臭などその他の体臭が混ざった「複合臭」です。この複合臭が衣類に付着して蓄積され拡散すると、他人に「臭い」と感じられてしまうのです。しかし、あらかじめ衣類を臭わなくしておく「衣類臭対策」で、加齢臭は激減できるのです。

これを実現できるのが「急速イオン消臭スプレー ヌーラ」です。

ヌーラ・一般的な消臭スプレーでは消すことのできない加齢臭の原因ノネナールを97.4%消臭できる
・衣類にスプレーしておくだけで、消臭効果が1日中持続
・汗臭など加齢臭以外の臭いもこれ一液(一本)で消臭可能
・購入者からの口コミで広がり、高いリピート率で販売累計250,000本を突破

 

消臭効果に満足できなかった場合は、商品代金を全額返金してもらえる安心の保証付きです。

あなたの加齢臭はこの衣類臭対策により必ず解決できます。年齢を重ねると共に増えてくる加齢臭が気にならない生活を手に入れてみませんか?


加齢臭対策をする

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

ワキガ菌を99.9%除去!安全で効果的なワキガ臭ケア