注目記事
ノネナール

加齢臭

加齢臭の原因であるノネナールを抑える効果的な5つの習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ノネナールは加齢臭の元となるニオイ成分です。自分では気がつきにくいのですが、周囲には不快に感じられることもある、なかなか面倒なニオイなのですが、加齢臭は、年を重ねると誰にでも出てくる臭いなのです。

ニオイの元となるノネナールを完全になくすことはできないのですが、不快に感じさせないことはできます。そんな面倒なニオイ、加齢臭の元となるノネナールのこと、ノネナールを抑える効果的な対策のこと、それぞれを正しく知って日々の生活に取り入れてみてください。

毎日の習慣を、少しだけ意識を変えてみるだけで、周囲にも、自分にも、心地よい清潔な生活をおくることができます。ノネナールを抑える効果的な対策は、今日からすぐに実践できる効果的な対策なので、ぜひ習慣にしてください。

1.ノネナールは加齢臭の主な原因

ノネナールは加齢臭の主な原因のひとつになります。1章では、ノネナールが、なぜ出てくるのか?どこから出てくるのか?どんな臭いなのか?など、ノネナールについて詳しくお話します。

まずは、ノネナールはなぜ出てくるのかについてお話します。

1-1.なぜ出てくるの?

ノネナールは加齢臭の元となるニオイ成分で、皮脂腺という場所から出てきます。皮脂腺は体毛のあるところにある脂を出す腺です。食用油が古くなると酸化して臭くなるように、人間の皮脂腺から出る脂肪分も歳を重ねていくと酸化してくるのです。

歳をとって中高年になると、皮脂腺の中で脂肪分が酸化されて過酸化脂質となり、それが脂肪酸を酸化分解すると、毛穴からノネナールが出てくるのです。汗がベトベトしている人は脂肪酸が多く、ノネナールが強くなる傾向があります。毛深い人も皮脂腺の分泌が盛んになるので、加齢臭も強く出てきます。

加齢臭発生の仕組み

男性の場合は、40代から50代くらいになると加齢臭が出るようになります。女性の場合は、更年期を過ぎたころ女性ホルモンが低下することにより男性ホルモンが強くなり、加齢臭が強く出てくるようになります。年齢を重ねるうちに、新陳代謝は衰えて、血の巡りが悪くなり、独特の臭いを発するようになります。これが加齢臭です。

年齢が若いと、皮脂などから出た老廃物は分解され気になる臭いもほとんど出ることはないのですが、年齢が若くてもノネナールがたくさん出ている場合もあります。20代後半や30代で体臭のニオイが変わってきたなと感じられたら、肉類に偏った食生活、お酒、たばこ、運動不足、ストレスなどが原因と考えられます。

実は、これらはそのまま加齢臭が発生するしくみにも影響しています。不摂生な食生活や運動不足は皮脂膜の脂肪分の増加、ストレスは体内の活性酸素を増加、どちらもノネナールの発生量を多くします。つまりは加齢臭が強くなる要因となります。

活性酸素は、適量であれば身体中の細胞を健康に維持することができますが、活性酸素の量が増えすぎると細胞にダメージを与えることにもなるので、活性酸素を増やさない生活を心がけることが大切です。

食生活が乱れているかも?近頃運動していないかも?メタボ体形かも?など、思い当たることが出てきたかもしれませんが、安心してください。加齢臭は予防すことができます。加齢臭の予防については2章で詳しくお話します。

1-2.いつまで出ているの?

70歳を過ぎた男性は加齢臭がだんだんなくなってきます。それは、皮脂腺の機能が弱まり乾燥して脂分がなくなってくるためです。ただ、女性の場合は、皮脂の分泌が男性に比べて多いので加齢臭が男性よりも長く続いていきます。

女性ホルモンには臭いを抑える働きがあり、女性ホルモンはだいたい40代ごろから減っていきますが、更年期を境に男性ホルモンが70~80代ごろまで増え続けていきます。さらに、女性ホルモンが減ることにより活性酸素が増えて皮脂が酸化し、加齢臭のもとであるノネナールが発生するようになります。

男性は年々減っていくのに対して、女性には加齢臭があるだけでなく歳を重ねても加齢臭が発生するようになります。

1-3.どこから出ているの?

発生する場所は、頭、首、胸、背中の中央などです。毛のないところには皮脂腺がないので加齢臭は出てきません。特に皮脂腺が多く集中しているのは頭です。頭は皮脂腺が体の中で一番多くあり髪の毛でムレやすくなるので、臭いが強く感じられます。

加齢臭の出る部位

 

1-4.どんな臭いなの?

加齢臭の臭いのイメージは、古い本の臭い、ろうそくのロウの臭い、古い畳の臭いなどに似ています。どれもそれほど不快な臭いには感じられないと思います。  

加齢臭の臭いの例え

誰でも歳を重ねていけば加齢臭は出てきます。歳をとると耳が聞こえなくなるのと同じで、誰にでも出てくる生理現象、加齢現象なのです。

では、加齢臭の元となるノネナールは自分で気がつくことはできるのでしょうか?1章の最後は、自分で 臭いをチェックする方法についてお話します。

1-5.自分でチェックする方法はあるの?

嗅覚はいつも同じ臭いを嗅いでいると慣れてしまい自分の臭いがわからなくなってしまいます。たとえば、ペットを飼っている人にはペット臭いはわかりませんが、来客がされた方には臭いがわかります。

自分が臭うかどうかは、他人に嗅いでもらうことが一番わかる方法です。

どうしても自分で確かめたい場合は、朝起きてすぐの枕カバーをビニール袋に閉じ込めて、一呼吸おいて新鮮な空気を吸ってから、ビニール袋の臭いを嗅いでみると自分の臭いがわかります。

枕の臭いを嗅ぐ理由は、寝ているうちに頭や首かの臭いが枕カバーに染み込んでいくからです。染み込んだ臭いの中には加齢臭以外の臭いも混ざってきますが、加齢臭があるかどうかは枕カバーの臭いを嗅ぐことでわかります。

2.ノネナールを抑える効果的な5つの習慣

ノネナールがクサクなる原因は、生活習慣の乱れ、タバコやお酒、汗などから出る臭いが混ざってさらに強烈な臭いになります。そうならないためにも日ごろから生活習慣に気をつけて、清潔さを保つよう心がけていくことで、加齢臭の予防につながります。

では、ノネナールを抑える効果的な5つの習慣についてお話します。

 加齢臭を抑える5つの習慣

  1. 入浴は朝も入る
  2. スーツを2日休ませる
  3. 「抗酸化物質」を含む食品は積極的に摂る
  4. 一駅手前で降りて歩いてみる
  5. 臭いを気にしすぎない

2-1.入浴は朝も入る

皮脂腺から分泌地されるノネナール、新陳代謝の衰えでたまる古い角質、皮脂のカスなどの腐敗臭をなくすためには、とにかく皮膚を清潔に保つことが予防であり対策にもなります。

入浴するタイミングは、実は一番体臭が強いのは朝と晩です。晩は1日働いて汗だくになるので、しっかりと皮脂を洗い流すことは前提ですが、盲点は朝なのです。実は、寝ている間に体からはたくさんの汗をかいており、雑菌もたくさん繁殖しているので、朝のシャンプーとシャワーは加齢臭対策にはとても効果的です。

皮脂腺が特に多くある顔、特に額と鼻のまわり、胸、背中の中央部分、わきの下、陰部も念入りに洗ってください。常日頃から清潔を保つよう心がけてください。

2-2.スーツを2日休ませる

衣類のニオイ対策なくして、加齢臭の対策は効果が期待できないのです。加齢臭の対策として最も劇的に効果が期待できる方法は清潔な衣類に着替えることです。着替えることにより一定時間(雑菌が繁殖するまでの時間)体臭や加齢臭は激減するはずです。

毎日同じスーツを着ていく人は加齢臭がより強くなる傾向にあります。スーツを着ることの多いサラリーマンなど、同じスーツを毎日着ることにより臭いが蓄積されて、スーツがどんどん臭くなります。

近頃では洗えるスーツも見かけるようになりましたが、素材によっては洗濯することが難しい場合もあります。洗えないスーツの場合は、1日着たスーツを臭いをとるために2日程度休ませてあげてください。同じスーツを続けて着ないことを心がけることで、臭いの蓄積が抑えられます。

その点、女性は日ごろ身だしなみを整え、身なりを清潔に保ち、毎日着替えていることが多いので加齢臭が目立ちにくくなります。

2-3.「抗酸化物質」を含む食品は積極的に摂る

ノネナールの原料となる動物性の脂肪を取り過ぎないことです。肉を食べると臭いになりやすくなりますが、これに対して、逆に活性酸素を抑える「抗酸化物質」を含む食品として、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールを多く含む食品は積極的に摂るとよいです。

以下、主な食品の一例をご紹介します。

加齢臭を抑える食品例

ビタミンCを多く含む食品の一例
赤ピーマン、メキャベツ、ほうれん草、パセリ、キウイ、グレープフルーツ、レモン、オレンジ、アセロラなど。

ポリフェノールを多く含む食品の一例
ほうれん草、たまねぎ、ブロッコリーなどの野菜、春菊、れんこん、ししとう、明日葉、ゴマ、大豆なども。ブルーベリー・いちご・ラズベリー・プルーン・ぶどう・りんご・みかん・桃などの果物。赤ワイン・緑茶・コーヒー・紅茶・100%リンゴジュースなどの飲料などの加工品。

ビタミンEを多く含む食品の一例
赤ピーマン、ほうれん草、西洋かぼちゃ、さば、鮭、うなぎの蒲焼、キウイ、アボカド、アーモンド、ピーナッツのナッツ類など。

“食事の基本は和食がベスト”

和食は、味噌や豆腐などの大豆食品が欠かせないのですが、大豆食品はイソフラボンや大豆サポニンなど、抗酸化作用がある成分が豊富に含まれているため、 味噌や豆腐などは、作る時の発酵の過程でイソフラボンや大豆サポニンなどの成分が増強されます。

さらに、梅干しは口臭や体臭を減少させる効果があります。緑茶のカテキンは抗酸化作用が強いことで知られています。加齢臭の原因は脂質なので、ノネナールの発生を抑えるには食事の基本は和食がベストです。毎日の食生活を見直し少しずるでも意識的して和食を取り入れてみてください。

加齢臭を抑える和食例

2-4.一駅手前で降りて歩いてみる

有酸素運動も加齢臭の発生を抑えるのに有効です。毎日20分くらいのウォーキングをすると、加齢臭の原料となる中性脂肪の減少や脂肪肝の予防になることがわかってきています。通勤や通学、外出時など目的の最寄り駅より1駅手前で降りて、目的の最寄り駅まで歩いてみるなどから始めてみてください。

また、しっとりと汗をかくことを習慣にすることにより、汗腺の働きが高まりサラサラした水に近い「よい汗」をかけるようになり、ニオイを弱くなります。「よい汗」は、アルカリ成分の重炭酸イオンが少ないため「酸性」で皮膚表面にて雑菌が繁殖しにくいためニオイになりにくいのです。

2-5.臭いを気にしすぎない

ストレスは活性酸素をどんどん増やしていくのでできる限りためこまないようにすることが大切です。活性酸素は非常に反応性の高い物質で、生体に様々な障害をあたえます。生活習慣病のほとんどがこの活性酸素と関連していることが判明してきております。

ストレスのない生活を過ごすことはできないですが、臭いに対するストレスだけでもためこまないように、臭いを気にしすぎないでください。誰でも歳を重ねると加齢臭は出てきます。歳を重ねると耳が聞こえにくくなるのと同じです。誰にでも出てくる加齢現象、生理現象になのです。加齢によるだけの臭いであれば、加齢臭自体の臭いは不快には感じられません。

臭いを気にしすぎることによって、ストレスがたまり、さらに活性酸素が増え、余計に臭ってくるという悪循環になります。加齢臭は誰もが出ている臭いです。臭い対策を上手に行い、ストレスの少ない生活をおくってください。

3.まとめ

強く感じる臭い、弱いく感じる臭い、臭いには人それぞれ違いはありますが、ノネナールは誰もが出している成分です。臭いを抑えるには、まずは衣類や体を清潔に保つことが一番大切です。そして、バランスの良い食生活に整え、適度な運動を心がけくることで、加齢臭を抑えることができます。

ここでご紹介してきたノネナールを抑える効果的な5つの習慣は、どれもちょっとした心がけで実行できる方法です。できることから始めてみてください。加齢臭が気にならない清潔で健康的な毎日をおくってください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

加齢臭が気になる中高年のあなたへ

30歳後半から40歳を過ぎた頃になって、子供や奥さんから「パパ、くさい!」と言われたり、通勤電車の中で鼻をすすられてしかめっ面をされた。もしかしたら自分は臭っている?これってまさか加齢臭かも・・・と気になってはいませんか?

そんな中高年のあなた、加齢臭は解決できます。

加齢臭は、皮脂が酸化して発生するノネナールという物質と、汗臭などその他の体臭が混ざった「複合臭」です。この複合臭が衣類に付着して蓄積され拡散すると、他人に「臭い」と感じられてしまうのです。しかし、あらかじめ衣類を臭わなくしておく「衣類臭対策」で、加齢臭は激減できるのです。

これを実現できるのが「急速イオン消臭スプレー ヌーラ」です。

ヌーラ・一般的な消臭スプレーでは消すことのできない加齢臭の原因ノネナールを97.4%消臭できる
・衣類にスプレーしておくだけで、消臭効果が1日中持続
・汗臭など加齢臭以外の臭いもこれ一液(一本)で消臭可能
・購入者からの口コミで広がり、高いリピート率で販売累計250,000本を突破

 

消臭効果に満足できなかった場合は、商品代金を全額返金してもらえる安心の保証付きです。

あなたの加齢臭はこの衣類臭対策により必ず解決できます。年齢を重ねると共に増えてくる加齢臭が気にならない生活を手に入れてみませんか?


加齢臭対策をする

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

ワキガ菌を99.9%除去!安全で効果的なワキガ臭ケア