注目記事
足の臭い とれない

足 臭い

足の臭いがとれない悩みを解決!知るべき2つの原因と正しい対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

毎日きちんとお風呂に入り、足は特に念入りに洗っているとしても、気になる足の臭いはなかなかとれません。最近では、足専用のデオドラント製品が販売されていますが、このような製品を使用して、日中はきっちりとケアをしているにも関わらず、それでも足が臭うこともあるのではないでしょうか。

なかなか落ちない足の臭いに対して、何かの病気ではないかと不安になってしまい、心配になられている方も少なくないと思います。実は、足の臭いがとれない原因には、菌の繁殖による臭いの発生と、生活習慣の乱れや肝臓の機能低下により臭いが発生する、この2つの原因が大きく関係しているのです。

では、自分がどのタイプの臭いで悩んでいるのか?足の臭いがとれない理由として、しっかり洗った“つもり”になっており、実は洗い残しがあり、足を清潔に保てていないことが多いのです。ただ、丁寧に隅々まで洗っていても足の臭いがとれない場合は、体内に原因があるかもしれません。

ここでは、不衛生によって引き起こす菌の繁殖による足の臭いの原因と、生活習慣の乱れによって発生する足の臭いの原因について、それぞれ詳しく解説していき、足の臭いがとれない原因を明確にし、原因にあった正しい対策をご紹介していきます。

まず疑うべきは不衛生によって引き起こす足の臭いがとれないことが多く関係しています。正しい洗い方で悩みは解消できますので、まずは、第1章から読み進めてみてください。

ですが、それでも臭いがとれない場合、生活習慣の乱れなどによる体内から発生する臭いが原因かもしれません。まずは、第1章から読み進めてみてください。

自分の足の臭いがとれない原因を知り、原因にあった正しい対策を行うことで、足の臭いを取り除き、臭いの悩みを解消することができます。ぜひ参考にして足の臭いをすっきりと改善してください。

1.まず疑うべきは不衛生により足の臭いがとれない場合の原因と対策

1-1.不衛生により発生する足の臭いがとれない原因

足の臭いが発生する原因は、雑菌が繁殖することが原因で臭いが発生します。細菌は皮膚の角質が剥がれ落ちてできる垢をエサにして増えていき、繁殖した際に出る老廃物として臭いを放出していきます。足を不衛生にしているますます雑菌が増殖し、強い臭いを放出していくことになります。

また、足の臭いの元となっている物質の中で、とくに独特な足の臭いを発している「イソ吉草酸」が主となります。このイソ吉草酸がごくわずかでも残っていると、強い臭いを発し、一度発生するとなかなか臭いがなくならないというとても強力な物質です。

足の臭いがとれない原因としては、足にイソ吉草酸が残っているからなのです。日々の入浴により、しっかりと足を洗浄し角質除去などで丁寧にお手入れを行っていないと、イソ吉草酸は角質に入り込んでしまい、簡単な洗浄では落とせなくなります。染み込んでしまった足の臭いは、簡単に洗っただけで臭いを取り除くことができなので、足の臭い対策には、イソ吉草酸を角質に残さないように足を清潔に保つことが最も大切です。

イソ吉草酸とは、どんな特徴があるのか?それは、先にもお話しましたが、イソ吉草酸は足の汗に含まれる物質で、足の臭さ特有のキツイ酸っぱい臭いを出します。このイソ吉草酸の臭いは、遺伝的な要素が強く、足の臭いが気になる方はご両親からの臭いを引き継いでしまっていることがあると言われています。

これは体質で足の汗に含まれる「イソ吉草酸」分泌が多い方は、どうしても足の臭いが気になりやすくなります。イソ吉草酸は、汗から出ると足の指のスキマ・ツメの中・皮膚の角質層に染みこみやすく、分泌されると、最初は少量でもかなり臭いはキツク、緊張などすると足に汗をかきやすくもなり、さらに臭いが強くなります。

先にもお話したように、遺伝的体質でイソ吉草酸の分泌が多い方もいますが、足をキレイに洗えてないことで臭いが落とせていないこともあります。体質だからとあきらめるのではなく、しっかりと丁寧に足の臭いは対策を行えばすっきりと臭いを落とせるので安心してください。

1-2.足の臭いがとれる対策は清潔に保つこと

① 足を丁寧に洗う

・足の指の間を洗う(毎日)
足の指の間は垢が溜まりやすいので、足の指の間は1本ずつ広げるように伸ばし、指の間を泡で包み丁寧に洗ってください。指の裏も忘れずに足全体をキレイに洗ってください。

・足の爪の間を洗う(週一回)
爪の間も汚れが溜まりやすく、普通に洗っても汚れを落としきることができません。汚れをしっかり洗うには、歯ブラシを使い、汚れをかい出すように洗ってください。週一回のペースで行うと汚れが溜まりにくくなります。

② 角質を除去する(週一回)

足のガサガサする角質があると、皮膚表面が凸凹になり細かい溝ができ、この細かい溝に細菌が住みつきやすくなってしまいます。この角質があると菌が残りやすいため、臭いの原因となるので、角質はしっかりケアしてください。

足の角質をケアするには、足を洗ったあと、かかとや指の付け根などを軽石などでこすると足がつるつるになり、菌の住処を軽減することができます。週一回のペースで行うと角質が溜まりにくくなります。

分厚い頑固な角質がある場合は、一度にすべて取り除くのではなく、皮膚が柔らかくなるまで少しずつ取り除いてください。

③ 酢で足浴を行う(週一回)

 酢に含まれるクエン酸には殺菌作用があるため、細菌の繁殖を抑え、足臭を予防する作用があります。抗菌作用が強いとされる竹酢液で、湯を張った足が入る大き目の洗面器に大さじ3杯の竹酢液を入れる。足を5分浸した後、湯でよく洗い流してください。週一回ペースで行うと効果的です。

④ ミョウバン水で細菌の繁殖を抑える

ミョウバンは酸性のため、アルカリ性のアンモニア臭を抑える効果があります。酸性になることで細菌の繁殖しにくくなるので、ミョウバンを足にスプレーすることにより、持続的に菌を抑制してくれて、足を清潔に保つことができます。

作り方も簡単です。ペットボトル容器にミョウバン(30g)と水道水(900ml)を入れて、よく振って、しっかり溶かして、透明の液体になったら完成です。保存は冷蔵庫で、使用期限は1カ月ほど。

ミョウバン水のつくり方

“カサカサやグジュグジュした足は水虫かも?”

水虫は、症状がでないタイプもあるため、自覚できていない方も多くいるようです。単に角質除去を行っただけでは足の臭いを改善できない場合があります。

改善できない場合、水虫の白癬菌という菌が原因かもしれません。この白癬菌から出る臭いが強いというよりは、白癬菌が繁殖する環境下では他の雑菌が大量繁殖しやすい環境になります。菌が繁殖するほど臭いが出るため、結果として水虫の人は強烈な足の臭いになることがあります。

カサカサやグジュグジュなど、いろいろなタイプの水虫があります。角質除去を行っても臭いが改善しない場合、もしかしたら水虫かもしれません。少しでも気になる症状を見られたらすぐに皮膚科で診察、治療することをおすすめします。早期治療で早期解決が何より大切です。

2.清潔に保てていても足の臭いがとれない場合の原因と対策

2-1.生活習慣の乱れにより発生する足の臭いがとれない原因

足の臭いにはほとんどの場合は、1章でお話した細菌が繁殖した際に放出される臭いの元であるイソ吉草酸が原因によるものです。しかし、イソ吉草酸と混ざってアンモニアによる臭いが混ざっている場合があります。

なぜなら、アンモニアによる臭いは、本来は尿素として排出され、体の中で上手に処理されるはずのアンモニアが生活習慣の乱れ(暴飲暴食、疲労など)やストレス、肝臓の機能低下により、血液にたまり分解されずに体の中に残ることで、分泌される汗と混ざって尿臭のような酸っぱいツーンとした強い臭いが発生することがあります。

もともと、汗にはアンモニアが含まれているのですが、通常、臭いはしない程度の量なのです。でも、先にあげた生活習慣の乱れやストレス、肝臓の機能低下により、アンモニアの分泌量が増えると臭いを発生し、いくら表面的な臭い対策を行っていてもなかなか改善されないということになります。

アンモニア臭を改善するには、老廃物と同じように血行をよくして流してあげることが大切になります。血流が悪くなると、新陳代謝が落ち始め、古い角質が剥がれにくくなり、古くなった角質が溜まっていくことで細菌が繁殖しやすくなり、足の臭いが引き起こされやすくなります。

女性は、パンプスやブーツなど窮屈な靴を履くことで足を圧迫すると血液のめぐりが悪くなりやすい環境にあることが多いので、アンモニアを含んだ汗が足から出やすくなる可能性もあります。少なくても1日に一回は靴を脱いで、足を窮屈な状態から開放してあげて、足の臭いが出ないために気をつけるよう心がけてください。

2-2.生活習慣の改善により足の臭いが解消される

① 適度な運動を心がける

 毎日20分のウォーキングを行うか、電車を使わず一駅分を歩くとか、エレベーターやエスカレーターを使わず階段の上り下りをすることで、筋肉がもつ血液のポンプ作用を鍛えることにより、血のめぐりをよくすることができるので効果的です。

② 入浴で血流の流れをよくする

 1日10分、ふくらはぎに溜まった余分な水分や血液を心臓に戻すようになでるように流してマッサージしていきます。揉むのではなく、なでるようにしてリンパ液の流れを改善します。また、ふくらはぎの筋肉を伸ばすようなストレッチでほぐすことで、血流の流れを良くし、血行を促進します。足首をグルグル回してほぐしたり、仰向けで両足を上にあげてぶるぶると小刻みに動かすなどして血流を促進するのも血のめぐりをよくします。

③ 効果的な栄養を補給し食生活を改善する

過度のアルコール摂取や暴飲暴食を控える事はもちろんですが、日頃の食事臭いて疲労臭の改善に効果のある栄養素を含んだ食品を意識的に摂ることも大切です。肝臓によいとされるシジミやウコン等に含まれる「オルニチン」はアンモニアの分解を助けてくれるので積極的に取りいれてみてください。

3.まとめ

足の臭いがとれない大きな要因は、臭いの主な原因となるイソ吉草酸が残っているからです。しっかりと丁寧に洗い、日ごろから清潔に保つことにより足の臭いが気にならなくなります。ぜひ毎日の習慣としていただければ臭いを気にせず、臭いに悩まない安心した生活が送れるでしょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

足の臭いでお悩みのあなたへ

いつも気になる足の臭い。だから怖いのが、急なお座敷での飲み会やお宅訪問」など急遽、靴を脱ぐ場合。他人に自分のニオイが伝わったらどいしよう、そんな不安を抱えていませんか?

でも悩む必要はありません。

足の臭いが「クサい!」と感じられてしまうのは、靴下がクサくなっているからです!一日はいても本当に臭わない靴下であれば足のニオイが他人には伝わらないのです。これを実現したのが急速イオン消臭スプレーヌーラです。ヌーラを使えば確実に「足の臭いがなくなった」と実感頂けます。

・スプレーするだけで足のニオイを97.9%除去できる。
・手放せない、もっと早く知りたかったなど購入者からの口コミで広がり累計250,000本を突破!
・テレビ取材放映をはじめメディア取材実績多数!

ヌーラ

 

万が一、消臭効果に満足出来なければ、商品代金を全額返金してもらえる安心の保証付きです。足の臭いの心配は必ず解決します。いつでも安心して靴が脱げる足元を手に入れてみませんか?


足の臭いを対策する

SNSでもご購読できます

コメントを残す

*

ワキガ菌を99.9%除去!安全で効果的なワキガ臭ケア